「思いがけず」だったり「予定してた」だったり 〜 里帰りしてきます 〜

街角に停められている車両の行き先表示に、これらがあります。
【暫停載客】・【暫停服務】…「今しばらくの間、休憩中やからね〜。またあとで〜。」
香港らしく 英語でも併記されてて。

「Not in Service」や「Out of Service」っていうのが目につくけど、
「Sorry! I'm Not in Service」なんていうのもある。
「Sorry!」の一言が付くだけで、ちょっと伝わるニュアンスが変わるような気がする。
「ごめんねぇ〜」「すんまへんなぁ〜」みたいなね。


b0367632_22445919.jpg

b0367632_22452538.jpg

b0367632_22455006.jpg

b0367632_22461219.jpg


いらして下さってる皆さんはご存知だと思うけど、
里帰りをする時がくると、いつも恒例で これらの写真を載せてました。

17日(月)から 里帰りしてきます。


b0367632_22465339.jpg

b0367632_22471720.jpg

b0367632_22474393.jpg

b0367632_22480827.jpg


だから【暫停載客】なのだけど、
一昨年からは “ 板 ” を持参して帰ってるので 現地からも更新するようになれました。
そのおかげで「Sorry! I'm Not in Service」と言う必要がなくなったのだけど、
この写真は好きなので。

今回の里帰りも “ 板 ” は持って行きますし、ひょっとしたら “ りんご君 ” も持参するかも。
いずれにせよ、また滞在先から現地更新すると思うので 覗きに来て下さると嬉しいです。
コメントもいつも通り。
「里帰り中に返コメ気遣うとあかんでしょ。」なんて、それこそお気遣いなく。
声頂けた方が 喜べるし励みになります(笑)。


b0367632_22492416.jpg

b0367632_22494625.jpg


今回の里帰りは、「2都市の中秋節を見てみたいな」と思って決めました。
ウチにとっては、とても贅沢なこと。
だけど、
そんなことをしてみても良いかも?っていう日数が確保できたので、
行ける時に行っておこう…と。

ストップオーバーのチケットと滞在日数分の宿泊費を考えると無理かな?とも思ってたけど、
エアとホテルを同時に予約する特典で 予算以内に ( 比べる年によっては更に格安で ) 収まり、
それもあって、この時期にしました。

問題は、僕の向こうでの過ごし方。
落ち着いたホテルライフも楽しめる…という滞在とは ほど遠いウチ。
毎日あっちこっちへ徘徊し続けてて「ちょっと休憩しとこか」を知らない。
特に自分は 一人で早朝朝活も欠かさないので、滞在中盤でダウンする年も。
「ほどほどに」で過ごせると良いけどなぁ……自信は無いけど。

17日(月)に出稼ぎの地を出て、前半7日間は 台北で過ごします。
以前ここに書き加えたように ()、
また路地歩きを楽しんだり ローカルフードを味わったりして、
台北の街に近づけたら良いな…と。


b0367632_22502386.jpg

b0367632_22504904.jpg

b0367632_22511060.jpg

b0367632_22513342.jpg

b0367632_22520452.jpg

b0367632_22523470.jpg


昨年7月に台北に滞在していた時、忘れられない光景に出会いました。

台北駅から台鐵(台湾鉄道)で鶯歌という町へ出かけた日の帰りのこと。
鶯歌で過ごしている間に空がみるみる暗くなり、途中から大雨に。
香港に似ていて、ザーッと降ってしばらくすると上がる雨。
かなりの早さで雨雲が移動していく午後でした。

降られながらものんびり過ごして( いや、歩き回っているんだけど )駅に戻り、
再び台鐵で帰路に。
郊外の様子をたくさん見届けたかったので、車内のドア近くに立ったまま外の景色を。
そうやって眺めていたら、南の上空にだんだん灰色の雨雲が溜まり始めました。
「うわぁ…あの部分だけ黒い雲が集まってきてるやん」と太太と並んで見てて。
その雲が 徐々に渦巻き…少しずつ…だけど確実に、龍の姿になったんです。

ギロッと目をむいて、カァー!っと口を開けている顔そのもの。
外側が太くて内側へ向かうにつれて細くなった、とぐろを巻いている全身が空に。
なんて言うんかな……
少しずつ水墨画が描かれ、それが濃くなって龍になり、窓の斜め上空で姿を表したような。

こんなことに出会うのか?!…と、ただただ驚きながら見続けるしかないウチ。
見る見るうちに龍が姿を表して全身でとぐろを巻いたかと思ったら、
生まれた時よりも 早く解きほぐされていく姿。
二人とも言葉をなくして見入ってるうちに、雨雲に戻っていって。

雨上がりの鶯歌から乗った列車の中で遭遇した龍。
右手にカメラを持ってたにもかかわらず撮ることさえ忘れてて夢中で見てたので写真が無く。
だけど、
撮らなかったことを後悔しないほどの 心震える体験でした。
もう、ああいう体験は出来ないだろうと思うけど、
今回の台北でも、思ってもいなかった何か に出会えると良いなぁ…。

23日(日)に台北から香港へ移動して、後半7日間は 香港で過ごします。
香港が実家やから、台北は “ 親戚の家 ” になるとえぇな。


b0367632_22532512.jpg

b0367632_22534872.jpg

b0367632_22541331.jpg

b0367632_22545916.jpg

b0367632_22552672.jpg

b0367632_22554958.jpg


香港で、ここ2年くらいの間の印象的だった出来事を思い出してみました。
そういうものたちはいくつもあるので、
印象的だったものの中でも、【予定にはなかった出来事】に絞って の記憶。
「そうするつもりで来た」「こうなる予定で来た」ではない出来事 の記憶。
上に書いた “ 雨雲が龍に姿を変えた ” のように、意図せず体験した出来事。

そういう、じんわりと思い出せる記憶。
自分に直に関係してないことも、関係したことも。
例えば、
 ☆:水街の交差点で見かけた、おじいちゃんに力を貸す 若い3人の姿。(
 ☆:去年の再会ではなくて、初めて出会った時のおっちゃんとのこと。(
 ☆:初めて柴灣Y-Loftへ向かった初日に、助けてくれたおばちゃんとのこと。(
 ☆:再訪した店や初めてお世話になった店でよくしてくれたお母さん達とのこと(
 ☆:往路の機内でトランプを持ってきてくれたCAの Mr.Tony とのこと。(
 ☆:タクシーのおっちゃんを訪ね歩く時に助けてくれた大坑や郵政の人達とのこと。(
など。

強く印象に残った出来事の中で【予定にはなかった出来事】は、何か【人】に関係したものが多い。
思ってもみなかった出会い方だからこそ、よけいに印象づくのでしょうか?
そんな【何か】が、また起こるのかどうか。
予定してたり期待してたりして生まれるものじゃないから、
それだけに【人との何か】に遭遇すると 後々まで記憶に残るのかもね。

29日(土)の遅い時間に、また出稼ぎの地へ戻る予定。
台北から、香港から、何度か短く記事UPすると思いますが、
もしも 10月になってもずっと短い更新しかないようだったら
「こえだんちは香港で居心地のいいルーフトップの住まいを見つけたんやな」と察して下さい。


b0367632_22563926.jpg

b0367632_22570421.jpg

b0367632_22573270.jpg

b0367632_22580125.jpg

b0367632_22582806.jpg


予定外だった何かに出会うこと以外は、いつもと何も変わらない里帰り。

呑気に歩き、乗る楽しみのためだけに乗り物に乗り、外賣で何かを買い求めて部屋へ帰る日々。
それらがウチに一番贅沢な日々。
非日常が日常になりかけるまで、楽しんでみたいと思います。


b0367632_22590832.jpg

b0367632_22593477.jpg

b0367632_23000266.jpg

b0367632_23002958.jpg

b0367632_23005241.jpg

b0367632_23011664.jpg

b0367632_23014207.jpg

b0367632_23020941.jpg

b0367632_23023387.jpg

b0367632_23031066.jpg

b0367632_23040292.jpg

b0367632_23043729.jpg


さて。

「せっかくの中秋なんやから 行きたいな」と予定していることと言えば、やっぱり舞火龍。
今年は24日(月)の中秋節当日を挟んだ 23日(日)〜25日(火)の夜。
舞火龍大好きなウチ、たぶん3日間通しで行くと思います。( おバカです )
大坑の町が人々の熱気と歓声と煙で包まれる夜。
また燻製にしてもらえたらえぇな。

実はこれ、台北で遭遇した空の龍の事と同じく ブログで1度も書いてないんだけど、
昨年は 舞火龍の初日に行ったウチ、翌朝のTVにチラっと映ったのです(笑)。
会場になる浣紗街の一番入り口には
毎年その年の舞火龍が始まる前に、お披露目をする着飾った地元の子供達が集合します。
そのすぐ脇には、これまた地元の来賓?保護者?が座れる椅子が並べられてて。
きっと初日は、その辺りをTV局が選んで映すのでしょう。
ウチは、子供達が並ぶ小さなひな壇の すぐ横に居たので、
帰省中の日本人(カメラを持って口を開けてる僕と、見えなさそうに困った顔してる太太)が。

毎朝お約束で流し見してた 翌朝のニュース【香港早晨(翡翠台)】。
まだ眠ってる頭のまま ぼんやり観てて「!!!」と驚いた驚いた(笑)。
初日夜の録画は “ 中秋前日! さぁ舞火龍も幕を切ったよ ” の扱いなので、短い枠でのレポート。
( 中秋当日の舞火龍やビクトリア公園ランタン祭の様子は、当日夜と翌日に たっぷりと長尺で紹介されるのです。 )
それを狙いに行くわけじゃないので、今年はもっと見やすい場所へ行こうかな。


b0367632_23053014.jpg

b0367632_23055828.jpg

b0367632_23062775.jpg

b0367632_23065823.jpg

b0367632_23072589.jpg


そしてもう一つ。
中秋の飾りの楽しむ人々をこそ、色々な場所で見ていたい。

各ショッピングモールで飾り付けられたランタンの中では、
写真を撮り合う家族やカップルの姿が。
そんな様子を眺めるのも、これまた良いんですよ。
子供と親とおばあちゃんらしき家族、飾りの中で肩寄せ合って撮ってもらってたり。
うん…良い顔を見かけられるのは、やっぱり良いね。

そして、
中秋ならでは の色に染まる 町や街。

… 小さなランタン飾りを買ってもらって歩いてる子供達の様子。
… 中秋節に合わせて集まった家族や友人達とバーベキューを楽しんでる様子。
… 普段は特に何があるわけでもない場所に美しく飾り付けられた提灯の様子。
… 店先に吊り下げられたお飾りや お祝いカードを添えて出前される果物籠の様子。
… 最後のラストスパートで月餅の箱を売り切ろうと張り切っている店先の様子。
… あれや これや …。


b0367632_23161258.jpg

b0367632_23163341.jpg


そんなわけで、
“ 予定に無くて思いがけないこと ”
“ 予定に入ってて楽しみにしていること ”
に出会いに里帰りしたいと思います。


b0367632_23184298.jpg

b0367632_23190448.jpg

b0367632_23192841.jpg


1年ぶりの里帰りまで、あと4〜5日。

今日からあと少し、
いつものように歩いて足腰の仕上げ。
1日5食で胃を広げて食欲の仕上げ。
持って行くものなどの準備は後回し。

行って来ますね。



029.gif










[PR]
トラックバックURL : https://hknaicha.exblog.jp/tb/28654231
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sayachan28 at 2018-09-13 07:05
こえださん♪

うわーーーっ!!!
うらやましすぎます~♪

今年の里帰りはいつなのかなぁ。。。とずっと思っていたのですが。。。
(↑↑↑ストーカーかっ!!!)
まさかまさかの二か所♪
すばらしいロングステイ。。。(帰って来てね。。。)

楽しんでいらっしゃってください♪

あぁ。。。ワタシも外賣のビニール袋をきゅっと結んで持ち帰ってみたい。。。
Commented by きら at 2018-09-13 08:06 x
今回は台湾と香港の二本立てなんですね👌ええな〜(^ー^)
時々お昼寝(バスの中)とか 公園で午睡(いや危ないか) ぼーっと海を眺めてパンと熱い奶茶なんかで休み休みしながら体に気をつけてお過ごしください。屋根からの風景もお待ちしてます。
さあうちでもかわいいランタンを飾ろ(^^;
Commented at 2018-09-13 09:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by silentmiaow at 2018-09-13 12:26 x
こえださん、
おお、いよいよ!そして台北と香港の2か所滞在。ええなああああ。
そうですね、しばらく見かけなかったらルーフトップか、糖街あたりのインドネシア屋
さんで演奏してるかインドネシアに強制送還されたと思うことにします。いひひ。

台北→香港の順番もすばらしい。台湾もごはんはなんでもおいしいし、台湾ならではの
楽しみもいっぱいあるのですが、ミルクティだけはやっぱり港式に慣れていると・・・
なんというか・・・パンチが足りないんですよね、ガツンと来ない。ああでも台湾で、
大きな廟の前にあるようなローカルなお店のスタンドで飲むやさしい甘さの紅茶。
甘くて濃くてガツンとカフェインが入ってくる香港のミルクティと、台湾の、薄い
ようでもたっぷり飲めるやさしい甘さのミルクティ。人もそんな感じかな?

日本での酷暑のお疲れもたまっているでしょうから、どうかどうかご無理なさらず
のんびりと、でも日々の食べ物乗り物レポは楽しみにしておりまするぞ。

(追記)いったんコメントアップしたら編集中の1行が残ってて、いったんコメ削除し、
再度投稿させていただきました。変なお知らせが連発してたらごめんなさい。
 
Commented by chonnfanndaisuki at 2018-09-13 16:35
♫ sayachanさん
ストーカー歓迎です。ぜひ追っかけて下さい(笑)。帰って来なかったら、次回の時に新釗記あたりのビル屋上を訪ねていただければ。…外賣のビニール袋の縛り方、日本じゃ見かけませんよね。あれ、どうなってんだろ?昔から「絶対に解明できるはず。で、真似できるはず。」と思ってるのだけど、未だ分からずです。厨房前ですでに縛られてることが多いでしょ?「ホテルで解く時に逆回転すればえぇ」って毎回思うんだけど、いざ解く瞬間は軽く興奮してるので うっかり見落としてます(笑)。
Commented by chonnfanndaisuki at 2018-09-13 18:08
♫ きらさん
そっかぁ、体力温存するなんて簡単なことですやん。うん、途中でちょっとずつ昼寝すればえぇことやん → 出来ません!!(きっぱり!)…ベンチに腰掛けてたり乗り物に揺られてたりしながらウトウトすることはあるのですが、そうしてても頭の中ではアドレナリンが湧き続けているのかも。トラムの揺れや振動って心地良くて眠れるんです。だけど浅い眠りらしく、信号音もカーブでの鳴き声も ほとんど聞いてるような気が(笑)。…ランタン喜ぶだろうなぁ。ぜひとも登場させて下さいね。
Commented by chonnfanndaisuki at 2018-09-13 18:10
♫ 13日9:39の鍵コメ ひ さん
うん、ひ さんが仰るように、意外と負担が少なくて。SOって、もっと費用がかかるもんだとばかり思ってました。ロンドンと香港の組み合わせなんて最高やん。統治時代のペアを巡る旅。「バスが同じ!」「路面表示が同じ!」っていうだけでウチは興奮しそう。…そう、思い通りにならなかった事の方が印象付くのかな。☆の中の幾つかもそうだけど「困ったな」がその後わずかでもHappyEndでまとまれば、記憶の引き出しに仕舞っておきたくなる物になりますもんね。…呑気な更新ですが待ってて下さいませ。
Commented by chonnfanndaisuki at 2018-09-13 18:12
♫ silentmiaowさん
先日の返コメ、「香港入国前に1度荷解きするけどいい?」は、こんな事情です。台北を出る時に どっか行ってもうた!にならないよう、ちゃんとお利口さんでトランクに入ってね。かく言う僕は、昼はアマさん夜はガムラン奏者で生計立てて暮らすかも。…ウチにいらして下さるブロ友さんのお話で、今 台北では港式の茶餐廳が増えつつあるとの事を聞きました。そうした店はもとより、台北で紅茶を飲んだ事がないので、まずはその優しい風味を味わってみたいなぁ。で、その後どれほどガツンとくるのかを香港で。うひひ。
Commented by piyo at 2018-09-14 00:04 x
こえださん、こんばんは。
うわー、台北1週間滞在されるのですね!お里帰りと同じ(よりちょっと長い?)くらい親戚のお家(!)に寄ってくださるなんて嬉しいです。絶対声をかけてくださいね。木曜日はまるまるオーケーです(笑)
思いがけずの出来事、わくわくしますね。空に浮かんだ龍にいろいろな出会い。
私は昨日、市場に出かけるところ、ばったり出くわしたお隣さんと自転車で並んで行くことになりましたよ。
そこで一人ではきっと買わなかった火龍果の花を初めて買ってみたり。
台北で紅茶、ぜひ飲んでくださいね。ここ最近コーヒー屋さんが爆発的に増えてますがもともとポピュラーだったのは紅茶じゃないかな?かくいう私もあまり飲みませんが。お里帰りのレポも楽しみにしています。
Commented by chonnfanndaisuki at 2018-09-14 22:37
♫ piyoさん
去年台北から戻った後「台北を存分に味わわれたんですね〜。」とコメ頂いたのを思い出します。去年以上に親戚の家に更に近付けるよう楽しみたいと思います。「自転車で」と仰るのは、もしかしてあの黄色い U Bike でかな?アレを使いこなせたら市内での行動半径が更に広がりそう。…ドラゴンフルーツの花って、どんなんやろ?検索すれば写真で見られるんだろうけど、やっぱり初めての時は直に自分の目で見られたら最高ですね。そうだ、花屋も覗いてみます。…メールの件、お教えくださいね。
Commented by nicho at 2018-09-15 18:28 x
あらあらっ‼︎
なんて素敵な里帰り♪
しかも、親戚のお家にも行けちゃうなんて、良いなぁ〜♪

予想外な素敵な事が沢山起きると良いですね〜♪

ふふふ、ルーフトップ・・・
素敵な物件見つけたらコッソリ教えて下さいね♪

お里帰りのお話し楽しみにしてます(o^^o)
Commented by chonnfanndaisuki at 2018-09-15 20:49
♫ nichoさん
以前、台湾特集と香港特集の雑誌2冊並べてらしたけど(笑)、どっちも惹かれますよね。また懲りずにテイクアウト三昧をするけど、台北では外帯、香港では外賣、間違わんように言い換えんと(笑)。同じく、似てるようで全然異なる “ 路地の表情 ” や “ 食文化 ” も味わい比べ出来たらえぇな、と。でも、中秋を1年の大切な風物詩にしているのは共通。日本と違って 特別な期間を迎える人々と街を垣間見たいです。滞在中に飲食は網羅できんけど、人と街の表情なら見届けられそうな気が。
Commented by Jyujai at 2018-09-16 09:41 x
こえださん、いってらっしゃい!
私は今年も中秋逃してしまいましたー(^◇^;)
次は11月か春節前を画策してます。
今、弟が台湾に行ってます。台中中心みたいだけど。若作りの50代がいたら、そうかも(^◇^;)。
では、楽しんで来て下さいね〜(o^^o)
Commented by chonnfanndaisuki at 2018-09-16 12:20
♫ Jyujaiさん
お。若作りの50代!えぇこと!(笑)。ウチも一応50代なれど還暦寸前ゆえ、僕よりずっとお若いのは確実。世間一般的にだけど、歳を重ねると年齢って想像しにくいこと多くないですか?20〜30頃は見当がついても50代以降になると謎に。香港でもね「ウチらと同じくらい?下?」って幾度も話題にしてます。ただ日本と違って “ 飲食店・交通機関 ” 関連で働いてる姿限定で見てるだけだから、職種からして香港の方が判断しやすいかも(何の話や、ですね)。…台中、行きたい場所。いいなぁ。
Commented by たま at 2018-09-16 22:58 x
うはー、17日、明日じゃないですかーー(;'∀')
自分の旅行記を書き終えて、すっかり気が抜けてました。あぶないあぶない。
楽しんできてください!そして、楽しさを分けてください!

今日の香港は、台風マンゴスチンで大変なことになっていましたね(泣)
人間はなんとかなるだろうけど、あそことあそことあそこの猫たちは無事なのか。。。そればかりです(あ、いや、もちろん、香港の皆様も心配なのですが)
こえださんが入るころには落ち着いているでしょう。

中秋の香港、ああ、本当にうらやましいです。
今年もテレビ、映っちゃってください!(笑)
いってらっしゃーーい!
Commented by kironeco at 2018-09-16 23:21 x
こえださん、こんばんは!

気をつけてお出かけくださいませ。
Commented by michiyo at 2018-09-17 18:26 x
出遅れました。行ってらっしゃいませ。彼の地で思いがけず
お会いするかもしれないのを楽しみにしています(*´艸`)
Commented by leslie339 at 2018-09-17 22:11
こえださん
もうすでに親戚のお宅に到着なさいましたか?
香港でこの記事がアップされていることに気づいて、コメント一番乗りしようとしたら、なぜか香港からはコメントが送信できませんでした・・・
香港から戻ると毎度のことで、超忙しくてしばらくブログから離れてしまいました。。。
ご親戚の方々そしてお里で楽しい時間が過ごせますようにお祈りいたしております。お忙しいでしょうからコメントの返事は要りません。また楽しい記事のアップ待っています。
一路順風!
Commented by chonnfanndaisuki at 2018-09-18 00:18
♫ たまさん
作成お疲れ様でした。まだお伺いできていませんが、写真整理が大変だったのでは?誰かさんの如く長さ気にせず行っちゃいましょう。楽しくレポする自信ないけど、呑気に書いてみますね。…台北では香港の台風のニュースがどんな風に報じられてるのかなとTVをつけたら、美国のハリケーンの被害状況が大きく取り上げられていて、まだ詳しく観ていません。そうだよね、街角のニャンコ達、どうしてたんだろう?どうしているんだろう?外猫さん達はどんなに怯えていたんやろね。それ思うと胸が痛みます。
Commented by chonnfanndaisuki at 2018-09-18 00:27
♫ kironecoさん
ありがとうございます。台北までの便は少し揺れが続いたけど、カリーを美味しく平らげて気持ち良く到着しました。…確か 以前頂いたコメに、台北ではStar Hostel に宿泊なさったことを書いてらっしゃいませんでしたっけ?ウチが今日チェックインしてるホテルは、ひょっとして同じ華陰街で同じ建物の1フロアー下?(Puriです)。ここから U Bike であちらこちらへ出向かれたのかな?…なんだか、こう、とっても香ばしい路地の中なので、明日から生き生き過ごせそうです(笑)。
Commented by chonnfanndaisuki at 2018-09-18 00:37
♫ michiyoさん
舞火龍の、あのもの凄い人混みの中で お会いできると良いな、と密かに楽しみにしています。とは言えウチからはmichiyoさんの姿は全く想像できないので(そちらからウチの方は分かりますよね?)、見かけて「初めまして」になるかどうかは、全て委ねます(笑)。…全身思う存分いぶされても良いように、舞火龍の夕べに着て行ける服装を楽しく吟味しておいてくださいね。それと、線香を入れられて持って帰れるようなペットボトルも忘れずに、惠康や百佳で手に入れておいてね(笑)。
Commented by chonnfanndaisuki at 2018-09-18 00:48
♫ 花襲人さん
お帰りなさい。花襲人さん、きっと想う気持ちが十分に満たされるまでお祝いしてらしたのではないでしょうか?だったら良いな。…>「コメントの返事は要りません」 → お気遣い、本当にありがとうございます。でもね、きっとご存知のように、こうしていられる時間は楽しいんですよ。ウチは(これまたご存知のように)スマホなど持っていないし、板やリンゴ君も街中では使わない(「使えない」が正しいけど)ので、リアルタイムで更新したり返コメしたりは出来ませんが お声楽しみにしてます。
Commented by ころた at 2018-09-19 08:40 x
呑気に歩き、乗る楽しみのためだけに乗り物に乗り、外賣で何かを買い求めて部屋へ帰る日々。
それらがウチに一番贅沢な日々。
ひゃぁ~、ほんとに贅沢な日々ですわぁ~。しかも中秋節の香港だなんて、ロマンチック。
懐かしい人や場所や匂いとの再会と2018年の新しい発見と出会いを十分満喫の上、
しっかりと持ち帰ってまたここでご紹介くださいね。(山竹の影響で懐かしい景色が変わってしまったところもあるでしょうが(涙))

そして台北ストップオーバーの「1粒で二度おいしい旅行」ですね。
台湾での一週間、これもあこがれちゃうなぁ。便當買ってのんびり鉄道旅も時間気にせずに楽しめちゃいますしね。きっと以前とは違った台湾の顔に出会えそうですね。これまたご紹介いただけるの楽しみだなぁ。
Commented by chonnfanndaisuki at 2018-09-19 19:30
♫ ころたさん
次記事での返コメには、行数控え気味の都合で(笑)書き切れませんでしたが、【台湾=台鐵=便當】の図式は不動ですよね。去年のコメの中で「便當ー!便當ー!」と叫んでおられたころたさんと、ウチは全く同じくです。まだ3日目なのに、今回も既に2日連続で便當買ってて。昨日は部屋食で台鐵便當、今日は昼ごはんとして公園食で池上便當(いずれも列車内じゃないところが惜しいけど)。どの社の便當でも共通点は「肉々しい」事。僕達にはピッタリでしょ?(笑)…街をあげての “ 中秋ならではの催事(祭事) ” は、香港が動なら台湾は静、のような感じがします。
名前
URL
削除用パスワード
by chonnfanndaisuki | 2018-09-13 00:34 | ごあいさつ | Trackback | Comments(24)

…暮らすように滞在したい香港…


by chonnfanndaisuki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31