愛しの干炒牛河さま  〜 アレンジしてみたり 攻めてみたり 〜

強烈な暴風が吹き荒れた台風でした。
報道によると、最大瞬間風速は 84年前の室戸台風以来の強さだったとか。

残念な事に やっぱり被害に遭われてしまった方々や地域が。
皆さん お怪我などはありませんでしたか?

ウチも備えてはいたけれど、想像以上の風に襲われました。
不気味に唸り続ける風切り音と、きしみ音を立てて何度も家屋を揺らす風圧。
ときどき 小雨が真横に近い角度で降ってくる( というより 左から右へ吹き飛んでいく )。


b0367632_23474999.jpg


風が収まり始めた夕方に外を見てみたら
玄関前に植えてある6〜7mのハナミズキの木が 根元から45度傾いてて、
寝かせておいた物干し台も「これなら風を受けっこない」と思ってたのに 5mほど移動。

おらが町では 風速 39.4m だったそうで、その爪痕は あちこちに。
近所の天神神社では 境内の大きな木々が幹から折れて 他の木や 周囲の電線に寄りかかり、
高さ10mの石造りの鳥居や 1mにも満たないお百度石でさえ 台座を残して倒れて割れてる。
その近くの交差点の信号機は 時計の針みたいに動いたらしく、
道路の上から畑の上にぐるっと90度移動し クルマで走行して来ても誰からも見えない位置に。

…かと思うと、「なんで この木は枝さえ折れずに無傷なん?」という場所も。
同じ町内でも風の通り道しだいで ひどい風圧を受けるかどうかが分かれるんでしょうね。

今年は極端に感じるだけで、
これからは自然災害が年々ひどくなっていって こんなのが当たり前になっちゃうのか?

被災には入らないレベルだけど、おらが町も度々脅かされてきた この夏。
6月の大阪府北部地震の余震を受けたのを皮切りに、
7月に続いた豪雨(プラス時々竜巻き) 〜 連日38〜39℃の酷暑 〜 今回の台風。
町の防災無線が 何度アナウンスされたことか。。。

人の手が届かない自然界の変動は、確実に変になってきちゃってると思いません?


b0367632_23482630.jpg

b0367632_23484727.jpg


台風に見舞われる数日前、9月1日に age58 に。
「何か食べたいもん有る?」と聞かれる前から、その日の夕飯は うどんをリクエスト済み。
いつもクルマで買い出しに行くスーパーで、常時販売されてる乾麺のうどん。
これが大好きで。
硬めに茹でてもらって 鰹だしをちょっぴり回しかけただけの、冷やし素うどん。
2杯目以降は、同じくスーパーで売られてる天かす(関東だと天玉って言うの?)をのっけて。

麺類大好き人間で、蕎麦・パスタ・ビーフン・焼きそば…1日3食麺類でも大歓迎なくらい。
どれも自宅で食べるときは一人で300gほどなので、外食はしません(できません:笑)。
ただ、これが里帰り中だと 一応1〜2人前で抑えてる。
限りある日数の中で、いろんなものを食べたいからね。

例えば、
滞在中に毎回ぜひ1回は食べておきたい麺類が一つ。
河粉(米粉の麺)の1品です。
平べったくて、形で言えば 日本の きしめん に似てる麵。
炒めたタイプのベーシックな干炒牛河が良いな。


b0367632_23493424.jpg

b0367632_23495813.jpg
            ( こちら ↑ は タイ料理版ですが )


太太と自分とでは麺の好みもかなり違ってて、彼女は元々 米粉の麺が好き。
僕はそうじゃないのだけど、干炒牛河の “ 形(幅広麺ファンゆえ)と食感 ” が好き。
両者なんとか合致する1品なので、毎回「これはぜひ食べとかな!」となります。

幅広麺全体が油でコーティングされてるし、実際に口に運んでもベトつくから(笑)、
カロリーは絶対に高いでしょうね。
「香港に居て 高カロリーに怯えちゃいけない」と教科書にも書いてあるから ( どの? )
全く気にせずペロリと平らげます。

コテコテに炒められてる干炒牛河。
ベーシックなこのタイプは「具が どーのこーの」は影響しないと思うので、
どの茶餐廳で食べても同じ…かと思いきや、やっぱりそれぞれのお味。
誤解を恐れず独断で言うと…
味を左右してるのは 少々の調味料や申しわけ程度に入ってる具じゃなくて、
炒めてる油の味で 全てが決まってるような気がするんだけどな(笑)。


b0367632_23503884.jpg

b0367632_23505977.jpg


ウチ的ベーシックなタイプのと違って、
やや豊富な具材や餡が 麺の上を覆ってるタイプのも良いなぁ。

もちろん、いずれにしても麺自体は炒めてあってカロリー値は同じようなものだろうけど、
“ 全体が油まみれでギトギトの茶色い世界 ” よりは、心持ち茶色が少ないぶんだけ、
気分的に「油まみれ…とも言えんから、ま、えっか…。」と錯覚するタイプ。
それとも、
上から被せられた具や餡のお味が油ダイレクトの味を越えるから 錯覚するんかな?


b0367632_23513885.jpg

b0367632_23515943.jpg

b0367632_23522243.jpg


うん。
ウチ的ベーシックのタイプのよりも、少々色どりが加わるんですよ。

トマト(の、かけら)やピーマン・玉ねぎ・ニンジン(の、いずれも かけら)があるだけで、
「身体にえぇものも入っとる」と納得させつつ 皿に盛られた全体を愛でてみる。
よっぽど罪の意識が大きい時だけは、その野菜のかけら達の枚数も数えてみる。
「ピーマン(の、かけら)が4つもあるやんか」とか「ニンジン(の、かけら)も2つあるし」と。

「カロリーなんてペッペッ!」と腹をくくりつつも、しょうもないカウントしてる自分。
太太は きっとそんなチマチマしたことを気にせず、純粋に風味を楽しんでいるような気がします。
それって、正しいよね。


b0367632_23530265.jpg

b0367632_23533065.jpg

b0367632_23540751.jpg


彼女は干炒牛河を色々な店で楽しみながら(あるいは楽しんだ後で)、
味覚の記憶をきちんとインプットして、
「…あの店の味と違うのは何の調味料?…」とか「…自宅でアレンジするなら?…」とか
そういうのを思い巡らしたり 想像したりしてるような。

小学生と保護者とじゃ、違うもんやね。
往生際悪く 野菜のかけらを数えて、ガバッと麺を取り出すなりがっつく小学生。
店ごとの味や「ここに足すと似合いそうな他の何か」を思って食べてる保護者。
お互い そんな胸の内は明かさずに食べてるから その場の見た目は変わらないんだけど、
マンガみたいに頭の中の吹き出しを付けたら 子供と大人じゃずいぶん違うだろうなぁ。


b0367632_23545196.jpg


そう、
自宅で “ なんちゃって ” をこしらえる時は、
冒頭写真の潮州辣椒油や醤とか、惠康で買い求めてある各種調味料を合わせる事も多いです。
もちろん、僕がそういうことを出来るわけはなく、食べるだけですが。。。

麺自体は、里帰りで持ち帰ってきた袋麺を食べ終えちゃうと無くなるので、
うどん・きしめん・中華麺に、持ち帰って来たオイルや醤を加えてアレンジ。
干炒牛河に似てるけど、それとはまた違った風味のきしめんを使った汁なし麺とか。
小食店や粥麺店の炒麺に似てるけど、そうじゃない味のマルちゃん正麺を使った汁なし麺とか。

なんかね、
変わった風味の美味しいものがいきなり出てくると、
「これって あの時の干炒牛河を頬張りながらのヒントが ずっと温めてあったんか?」と感動する。
もちろん、そんなことは口に出さないけど。


b0367632_23552677.jpg

b0367632_23554614.jpg

b0367632_23561147.jpg

b0367632_23563323.jpg


僕が手っ取り早いところで「これも、えぇんやない?」と思いつくのは、小食くらい。
スタンドのトレーの中でスタンバイしてるあの品々を見てると、妄想は広がります。

揚げたつみれ・揚げ豆腐パフ・蒸しor揚げ焼売・串刺し野菜やイカやモツとか、
さらには、
それらにお好みで、プチューっ・トロ〜っ と垂らす各種タレたち。
これらの中には、麺や白飯にのっけると合いそうなモノが いくつかありそうで。


b0367632_23571142.jpg

b0367632_23573468.jpg

b0367632_23575755.jpg


小食店のおばちゃん( なぜか、おばちゃんかお姉さんがやってるパターンが多いよね )
「あれと…これと…それ、くださいな。」と 指差しながら選んでる時って、
それそのまま食べたいのはもちろんだけど、時々「アレにのっけると良いかも?」とも。

その「アレ」ってのが、
大盛り叉焼飯の白飯を一部分だけ別皿に取り分けてのっける
とか、
買って来たビーフン・炒麺・撈麵を横にどけて少しのっける
とか。

外賣した夕飯を部屋や公園で食べる時、少しずつ試みて楽しんでます。
僕がやると3〜4回に1回ほどしかヒットしないけど。
( … ヒットにならないから、撮ってあっても載せてない … )


b0367632_23583470.jpg

b0367632_23585685.jpg

b0367632_09303791.jpg


近年、ちょっと気になり続けてる麵があるのだけど、まだ買い求めていません。

筲箕灣の露天街市(金華街)の中で見かけた1軒で、思わず足が止まった光景。
この、いかにも「さぁさぁ、ご自由にお料理してみてねー!」と言わんばかりの 素の白い麵。
他の店で見かけることはあっても、やっぱり以前見かけたここの白い麵(米麵)を思い出す。

どこか懐かしいようなガラスケースと一体になった雰囲気。
愛想も何もないビニール袋の中に 美しく畳まれた様子。
ただ、
外賣する汁麵や撈麵のようには いかないなぁ。
出稼ぎ先へ持ち帰ることも 出来なさそうだし。

いつか買い求める機会に恵まれないかなぁ……と。


b0367632_23592734.jpg

b0367632_23595112.jpg

b0367632_00001114.jpg


これからも、いろんな店で干炒牛河と出会えるといいな。
油の味?…いやいや、調味料も含めた味(笑)。

小食店で選んで来た小さな惣菜やタレは、また白飯にのっけられたらいいなぁ。
毎食が貴重な1回だから、失敗は少なく抑えたいけど。

そして、まだ口に出来ない 生の米麵を買い求めるという体験。
ミニキッチンが設えてあるアパートメントタイプでの滞在じゃないと、永遠に無理かも?

age58 らしく、楽しく冒険続けたいね。
「歳を重ねてからの方が、丸くならずに攻められる」と思うことが多い昨今です。
攻めるっていう意味、
本人は分かっていなくて “ 思い違いしてるかも… ” の場合も多いんだろうけど(笑)。




011.gif











[PR]
トラックバックURL : https://hknaicha.exblog.jp/tb/28635391
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あすか at 2018-09-06 09:20 x
こえださん、木は傾いちゃったけど建物の方に倒れ込んでこなくて良かったですね。そして遅ればせながらお誕生日おめでとうございます。

本当に台風すごかったですね。うちの家は3階建てのマンションだというのに地震のように風で揺れましたよ。それで怖かった以外家はたいした停電もなく無事でしたが、会社の停電はまだ復旧してなくて自宅待機状態が続いています。こう災害が続いてもういい加減にしてくれ!!って思ってたら今日は北海道の地震まで!(>_<)いったい日本どうなってるんでしょう?

私は香港で干炒牛河はたぶん1回くらいしか食べたことないですが、パッタイは大好きで、日本でタイ料理屋さんに行くとパッタイを頼むことが多いです。4・5枚目の画像は香港のタイ料理屋さんですか?普通の茶餐廳でも食べられるのかな?ここってどこ??と興味津々です。
Commented by Silentmiaow at 2018-09-06 09:39 x
こえださん、
とにもかくにもご無事でよかったです~(里帰り前の大事な御身!)。
香港から関西や北海道に旅行に来ている方も多いでしょうに、どうかみなさんご無事で
はやく帰国できますように。

さて私も香港で干炒牛河、食べたことあったかどうか・・・友達が深夜の軽食で
食べてるのを一口もらうくらいかなあ。
東京にいると無性に食べたくなる、あるいは「次回必ず」と思う香港ごはんは
いろいろありますが、香港では最優先順位に入ってなかったり、「レストランで
友達とごはん」となってしまうと頼めない・頼みにくいものだったり・・・。
そして帰国して「やっぱりあのとき食べておくべきだった」と後悔します。
一人で好きなものを食べられるはずの朝食時も、混雑したお店の雰囲気にのまれて
「確実に発音できるもの(限られている)」を注文しちゃったり・・・。
今の課題は、日本のちゃーちゃんてんでしか食べたことのない「粟米肉粒飯」を、
本場で食べること!

こえださん、いいなあいいなあ、いつからですか?
スーツケースに入っていってもいいですか?(重量オーバー分はお支払いします)

Commented by chonnfanndaisuki at 2018-09-06 10:53
♫ あすかさん
ありがとうございます。「58になった夏は あれもこれもと災害が続いたなぁ」と記憶に残りそう。…あすかさんが仰る通り、“泰式干炒牛河”とも言えるパッタイです。ちょうどコメ頂いてた時に注釈加えてて(ごめんね)。太太に確認したら 將軍澳のフードコートのタイ料理ブースとのこと。茶餐廳だと見かけませんよね。牛肉が加わるし。…麺の手前の調味料やカップのタレ類は元々添えられてなかったけど、セルフで貰い放題だったので全部盛り(笑)。使い切れずに残した分は ティッシュに包んでホテルへ持ち帰りました。(とこれも保護者の情報。小学生は記憶力なし。)
Commented by chonnfanndaisuki at 2018-09-06 11:04
♫ silentmiaowさん
ありがとうございます。本当に続き過ぎですよね。関空で足止めされてる香港人さんがインタビューで困っておられたけど冷静な対応をしてて印象的でした。…うん、米麵で主食にも関わらず、干炒牛河メインで茶餐廳に行くって あまりしませんよね(ウチは少数派)。いやぁ粟米肉粒飯を日本で食べてられるっていう事の方が東京ならではやなぁと思うし羨ましいよぉ。ぜひミッション達成して下さいね(2人前注文して持ち帰るとかも可:笑)。…スーツケースにって、いつもは僕がそのお願いをする側。どうぞ、入ってって。ただ香港入国の前に1度荷ほどきすること了解してね。
Commented by Jyujai at 2018-09-07 22:51 x
こえださん、ご無事でよかったです。
ほんと、ここ何年か自然災害が多いですね。想定以上がこんなに多いなんて,,,。
香港で台風にあったり、香港からの帰国時に台風で東京に帰ってこれなかったことはありますが
関西空港ようなのあんな惨状は見たことありません。おまけに大地震まで。
日本で生活することのリスクを感じてしまいますね。

そういえば、最近おうちで香港してないなあ〜。こえださんの記事みてたらたべたくなっちゃいましたよ〜(笑)
Commented by chonnfanndaisuki at 2018-09-08 10:13
♫ Jyujaiさん
関空で足止めされた香港人客さんがインタビュー内で「日本は東日本以来、自然災害が多くて続き気の毒。だけどその度に復興を目指してきてる国。頑張って。」のような言葉を返してました。自分達が帰るメドもつかない中での言葉。胸にきました。台風地震共に“訪日中の人々に情報が行き渡らない”という問題も残ったようだけど、2020年を控えての課題。…おうちで香港、なんとか出来ないかと試行錯誤。即食麵同封の調味料やオイルを少し残してとっておき、日本の麺や飯にそれらを足して楽しく試してますよ。知らない国の味になるけど(笑)。
Commented by piyo at 2018-09-08 22:59 x
こえださん、遅くなりました。お誕生日おめでとうございます!!!
自然の猛威に呆然とさせられる昨今ですが、この一年も楽しい里帰りができますように!

小学生と保護者で並んで食べる干炒牛河、なんと微笑ましいのでしょう。
しかも出稼ぎ場所(!?)で美味しい米粉の麺がいただけるなんて、とっても素敵。

台北は最近茶餐廳が増えてきた気がします。香港から移住する方が増えたというニュースと関係しているのかな?たまにネットでデリバリーごはんを注文するのですが、この間香港から進出してきたというお店(名前は冰室)で干炒牛河や午餐肉蛋飯などあれこれ注文。家で茶餐廳ごっこしながらいただける楽しみをしっかり味わいました。ふわふわの魚フライカレーとか、香港で食べたことのないものも試せたりして。
香港から持ち帰った食材や調味料でごはんを作るのも楽しいけど、こんな風に楽しておうち香港を楽しむのもいい感じです♪
Commented by ころた at 2018-09-09 09:18 x
こえださんのあたりもすごい風だったのですね。いくつかの被害はあったようですが大事でなく何よりです。今回の台風の風はその風速もそうですが、風が吹き付けるというより竜巻があちらこちで起こったような感じの風だったらしいです。いや、台風をなめてましたね…

干炒牛河。大大大大好きであります。麺のもちもちと甘辛の醤とのハーモニー。
そうそう最初のほうにあるお写真の煲仔飯醤油であればあれと近いお味試せそうですね。
干炒牛河醤油ってあるのかな?炒麺醤油はしばしば購入しておりましたが。
そしてあんかけ焼きそば風バージョンもあるのですねぇ。

チョイ住み香港。キッチンのあるアパートメントで1週間暮らしてみたいな。
街市や超級市場で買い物して。新しい香港に出会えそうです。
Commented by chonnfanndaisuki at 2018-09-09 18:18
♫ piyoさん
ありがとうございます。この先まだ台風シーズン、台北は災害など起こりませんように。…piyoさんのお名前見て「干炒牛河と似た料理って台湾にあるんやろか?ちょっと出会ってみたい」 → と浮かんだ途端、何?食べられるん?【自宅で香港】が出前で実現可能なん?えぇなぁ。日本も東京など都市圏だったら店も増えたし外賣で持ち帰れるんですよね。おらが町の上空を通過して(いつでも何でも飛ばされる)、大阪とかでも可能なのかな。…身近になりつつある台北での香港メシ & 持ち帰った調味料 & 読書で憧れた品 、いろんな角度から楽しめそうですねぇ。
Commented by chonnfanndaisuki at 2018-09-09 18:30
♫ ころたさん
石の鳥居が崩れ落ちた(まぁのっけてあるだけとは言え)のは脅威でした。森や林が多いおらが町は、造園業者さんが大忙し。…そうそう、似た形でも河粉ときしめんとじゃ、仰るように食感がまるで違いますよね。“麺類大好きのもちもち大好き人間”としては、堪らない。これを初めて食した時に四季豆と一緒にテーブルに出されたもんだから、干炒牛河を見ると四季豆も食べたくなる(その反対もあり)。どっちもカロリー万歳ですよね(笑)。…炒麺の醤でイケそうな感じが。いやぁ試してみたい(…試す前に白飯にかけたり炒め物に使ったりして消耗しそう)。
Commented by みーこまま at 2018-09-09 21:20 x
お誕生日おめでとうございます。
私もこえださんと同じ9月生まれです♪

真っ白の生麺屋さん、私も大好きです。
私が生麺屋さんでいつも買うのは「餃子の皮」なんです。手作りのモッチモチで少し厚みがあって、それで餃子を作るといつもよりずーっと美味しく出来るんですよ(^^)
Commented by chonnfanndaisuki at 2018-09-10 06:41
♫ みーこままさん
ありがとうございます。9月生まれ、もうすぐでしょうか?それとももうご家族でお祝いされたのかな?笑顔がたくさん生まれる年になりますように。…生麺屋さん、いつも利用されているのですね。えぇなぁ。お店の人とのやりとりが出来るのも、買い物の楽しみの一つですね。そういうのを想像すると、ホント“弱腰にならずに少しでも会話出来たら&生麺を使えたら”と思ってしまう。しかも、餃子の皮。モッチモチという一言からは、ウチ好みな北方風の水餃子の美味しい姿が頭に(笑)。買い物 → 餃子作り → 食べる と、楽しみがいくつも。
Commented by nicho at 2018-09-15 18:44 x
あ〜美味しそ〜(≧∀≦)
見てるだけで口の中にオーソドックスな味が広がります♪

以前から思っていましたが、太太様は凄いですね!
たまぁに、コレ日本で作ってみて。とか言われたりしますが、全く出来ません。
そもそも、あっ、コレはあの味だ!とか、コレをアレしてあ〜したらコ〜なる。が全く分からない(泣)んです(ーー;)

毎回食べて色々とアップしたりしますが、私から出る言葉は「美味しい」のみ(笑)
どうやら、食レポには向いていないようです(笑)
太太様を尊敬の眼差しで見ちゃいます‼︎


今回の台風は本当に凄かったようで、西から聞こえてきた声に怖かったんだなぁ。と知ってる場所が思いがけない形に変わるのはやはり、衝撃が大きいですね。
本当に今年は災害が多く、この先が不安になっちゃいますね・・
これ以上、本当に被害が出ないで欲しいですね。
Commented by chonnfanndaisuki at 2018-09-15 20:19
♫ nichoさん
美味しい(あくまでウチ的に)何かを作れんかな?と探すのを楽しむ太太です。「これ、楽しそう」って試みて、本人はもちろん、それを垣間見せてもらえた誰かもニッコリできるのは、nichoさんも同じだと思います。大好きな香港で「☆☆やってみたいなぁ」の気持ち一つでやってしまえる。キャンプもハイクやサイクリングも観戦も。ウチは指を咥えるだけなんだけど、聞いたり見たりさせてもらえる事でワクワクする。同じじゃないかなぁ。二人して憧れと羨ましさ半々で楽しませてもらってますよ。…そうそう、先日京都駅近くの鉄道博物館を通りました。行った事あったっけ?
名前
URL
削除用パスワード
by chonnfanndaisuki | 2018-09-06 00:32 | 飲み物と食べ物 | Trackback | Comments(14)

…暮らすように滞在したい香港…


by chonnfanndaisuki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31