餃子と池を探して 〜 HK days 〜

今日は餃子の店を求めて、バスとMTRで遠足でした。
6〜7年前に初めて入った餃子の店が粉嶺という町にあって。
粉嶺は、香港の北端。
中国深圳の すぐ手前の町です。

香港島東端の街から九龍側北端の町まで バスとMTRを乗り継いで行くので、
「朝食はしっかり食べよう」ということで、お気に入りの香江茶餐廳へ。
早朝からローカルの皆さんで賑わう一軒。
ほどよく人の気配が漂ってて、長居も出来る一軒。
店主にもお客にも大切にされて年月を経て 趣きを残す広々とした一軒。

「きちんとこしらえた美味しいものを お客に食べてもらう」
という店主と従業員達の気持ちが、
清潔さ & 美味しさ & 雰囲気 に滲み出ているお店です。
前回すっかり気に入って、今回もリピート。


b0367632_23271025.jpg

b0367632_23275060.jpg

b0367632_23282381.jpg

b0367632_23284662.jpg

お腹と気持ちを満たしたら、
今日乗るバス路線がある天后までMTRで移動。

307番バスで湾沿いを走り、九龍側へ。
東海底トンネルに潜る前も 湾を越えてからも、
獅子山が遠くに望めるコースです。
香港の象徴のような獅子山、やっぱり目にしておきたいので。


b0367632_23370785.jpg

b0367632_23373234.jpg

b0367632_23380000.jpg

b0367632_23382386.jpg

b0367632_23385122.jpg

b0367632_23392459.jpg


途中には、昔の啓徳空港跡地の埠頭も望めます。
新空港に移転してから埋めちゃったりせずに活かし残ってることは、
やっぱりありがたい。
一介の旅行者が言えたもんじゃないけど、
人がちゃんと利用する施設に生まれ変わってるんだから。

途中、大埔で下車。
やっぱり1度は歩いておきたい市場通りやニャンコ・神様達に、ご挨拶。


b0367632_23474553.jpg

b0367632_23480584.jpg

b0367632_23483103.jpg

b0367632_23485929.jpg

b0367632_23492781.jpg

b0367632_23495182.jpg

b0367632_23502047.jpg

b0367632_23504520.jpg

b0367632_23510889.jpg

b0367632_23513710.jpg

b0367632_23520501.jpg

b0367632_23523089.jpg

b0367632_23530246.jpg

b0367632_23532945.jpg

b0367632_23542086.jpg


いいかげん(…良い加減な散歩 & テキトーな徘徊…)過ごしたら、
MTRで 粉嶺まで。
粉嶺駅からは、女性運転手さんが思い切り飛ばすミニバスに揺られて 住宅街まで。

【山東餃子】っていう店名と「あの辺りにあったん違うか?」の記憶だけで捜索。
ここ辺りなんだけど?
タイ料理屋に変わっちゃったんかい?

諦めきれずに歩いてて、やっと見つけました。
ここで初めてトマトやセロリの水餃子を食べさせてもらえた事がきっかけで、
ウチの夕食で真似てこしらえるようになった“お師匠さん”の記憶店(笑)。

今日は羊肉の水餃子も食べさせてもらって、また新鮮な体験でした。
ただ……。
おらが町で羊の赤身肉って手に入らない……。
いつか街まで買いに行かなくちゃね。


b0367632_00133626.jpg

b0367632_00140851.jpg

b0367632_00143249.jpg

b0367632_00150294.jpg

b0367632_00154820.jpg

b0367632_00162716.jpg

b0367632_00165798.jpg

b0367632_00172559.jpg


やっぱり美味しかった。
移転してても、お味と店員さんの面倒見の良さは 変わってなくて。
背中側でずっと鼻歌うたいながら包んでるおばちゃんが素敵だったし。
ずっと聞きながら食べてたもんだから、いやがおうでもメロディーが脳内インプット。
お会計時に真似して歌ったら 目をまん丸くしながらニッコニコでお釣りをくれた。

食った食った。
腹ごなしに村の中を散歩。
「ここって香港?」っていう風景や小道をゆっくり抜けて、池と大砲が残る一角へ。

平和な光景でした。
本当に平和な光景。
池の周りや広々とした公園の中を子供達が走り回り、
お母さん達が集まって来て 夕飯準備までの世間話をしてるような。
子供の頃に溶け込んでた環境と 違うようで似てるような光景。


香港に何度も来てて、離島をはじめ 新界の田舎の村も度々歩いてるけど、
今まで1度も見たことが無いニュアンスの光景でした。
こんな香港があったんやね。


b0367632_00254171.jpg

b0367632_00260555.jpg

b0367632_00263305.jpg

b0367632_00271304.jpg

b0367632_00273797.jpg

b0367632_00280353.jpg

b0367632_00284948.jpg

b0367632_00291702.jpg

b0367632_00294398.jpg

b0367632_00300537.jpg

b0367632_00303300.jpg

b0367632_00312263.jpg

b0367632_00315597.jpg

b0367632_00322293.jpg

b0367632_00325003.jpg

b0367632_00331413.jpg


他の街と同じく高層住宅が建ち並ぶ町の中で、時間が止まったままのような一画。
空が広いここでの夕焼けは、
今日の朝食・昼食やバスからの光景と同じくらい、惹かれるご馳走でした。








[PR]
トラックバックURL : https://hknaicha.exblog.jp/tb/27265681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ころた at 2017-10-08 10:04 x
朝からがっつりですね。
早餐にこんながっつりお肉もんもあるんだぁ。
朝ビールからいっちゃいそう、いや「そう」じゃなくていっちゃうね。

その後の大遠足を考えたらこのがっつりも納得です。
ただ餃子を食べに(だけじゃないかもしれないけど)こうやって郊外へ行くの
こんな時間の使い方、すごい贅沢でそして至福の時間ですね。
途中寄り道をしたり、さらに足を伸ばしたり

初めて見る景色もたくさん
集合ポスト、こんなのもあるんですねぇ。

かつてはぐるりと城壁があったであろう建物の集団
九龍城砦もきっと最初はこんな感じだったんでしょうね。

この雲は下の境目やイデオロギーとか関係なく
下から見上げたら同じ雲なんですよね。
建物の上の旗を見るとそんなこと考えちゃいます。
Commented at 2017-10-08 11:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Jyujai at 2017-10-09 23:26 x
粉嶺、行ったことないですけど、のんびりしてていい感じですね〜。
新界の方に行くと、低層界の住宅がありますね。台湾の地方都市の郊外に似てる気もする。
同じ亜熱帯だからかなあ。
Commented by 爽子 at 2017-10-10 18:21 x
あら、里帰り中更新されてたんですね。
この辺り、近々お住いの方のお家にお邪魔するかも..なんて話が今日。
Commented by chonnfanndaisuki at 2017-10-10 20:05
♫ ころたさん
赤い旗、見つけて下さったのですね。けっして周りが山の山間部や離島ではない街の中に、手つかずの一画が頑なに残ってる風景でした。それ故に赤が目に。
Commented by chonnfanndaisuki at 2017-10-10 20:09
♫ 8日11:48の鍵コメ にょほ さん
アルヨええですねぇ。無いんか有るんかどっちやねん!ていう。確信犯か本気の間違えなのか判断に迷うコピーには香港でも出会えるけど、おらが町は無理。
Commented by chonnfanndaisuki at 2017-10-10 20:15
♫ Jyujaiさん
うん、似てますよね。似てると言えば、山の麓~中腹斜面にかけて所々に残ってる個人宅のお墓も似ていました。現代の集団墓地ではない小さな故人宅。
Commented by chonnfanndaisuki at 2017-10-10 20:21
♫ 爽子さん
ほとんど大陸と言えるほどの場所ゆえ1年ほど前まで「上水はやっぱり残念な光景もある」と聞いてて少々構えましたが、穏やかな街と町と村でした。
Commented by nicho at 2017-10-13 17:14 x
郊外に行くと空が広い。
空が広いから住んでる人もゆっくりなのか、なんだかのどかで居心地が良いですよね♪

鼻歌まじりのお会計。
想像したらなんだかこちらまでニッコリ♪しちゃいました( ^ω^ )
Commented by chonnfanndaisuki at 2017-10-13 17:48
♫ nichoさん
人にもより、タイミングもあったのでしょうけど、歌を口ずさみながら餃子を包む人に初めて出会えました。ホーム感を(勝手に)感じちゃいましたよ。
名前
URL
削除用パスワード
by chonnfanndaisuki | 2017-10-08 00:36 | 風景 | Trackback | Comments(10)

…暮らすように滞在したい香港…


by chonnfanndaisuki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31