「いい子だねー」って言えたらいいなぁ  ~ 香港の にゃんこに ~

【 岩合光昭の世界ネコ歩き 】 は、欠かさず観る番組の一つ。
わんこもにゃんこも好きなウチですが、
岩合さんが撮って見せてくれる各国のにゃんこに魅せられ、目線の温かみに魅せられ。

お名前を初めて知ったのは、30代になった頃だったか?
書店で見かけた “ クジラの海 ” という写真集でした。
何度か立ち読み(立ち見?)した末に「やっぱ、買~おう。」と手に入れて来て眺めてて。
“ 岩合光昭 ” という名前を知ったのも “ 動物写真家 ” という職種を知ったのも初めてでした。

にゃんこだけを撮っている番組とは違ってて、
そこに 【 その国 】 と 【 暮らす人々 】 とが必ず登場します。
にゃんこ + 国や街町 + 人 → ごくごく自然な光景ですもんね…ついつい観たくなります。


b0367632_20581572.jpg
b0367632_20591678.jpg
b0367632_21005521.jpg
b0367632_21015670.jpg


新作(1時間もの)を観逃した時は mini版 を観たり、録画しておいたり。
観続けていると 当然のように期待するのは「香港版やってくれんかなぁ。」の望み。
何年越しかの望みが、とうとう叶います(笑)。
4月7日(金) NHK BS 22:00~23:00 …待ち遠しい。 ( ★ )

予告案内には 少しだけ写真が出ていました。
露店・商店が建ち並ぶ道で、膝を付いて にゃんこ目線でカメラを向けてる岩合さん。
果物屋の店先に積まれた梨の中に立って こっちを見てるきれいな瞳のにゃんこ。
ほらほらぁ~どんな場所で撮ってくれてるの? と想像するだけで楽しいでしょう?


b0367632_22432411.jpg
b0367632_21033589.jpg
b0367632_21060622.jpg


「にゃんこって言ったら、やっぱ香港!」ですよね。 ( 思い込み その1 )
よくよく考えれば、
自分も里帰りして夜明けの朝活をする時に、
“ 最初に出会う生き物 ” が、にゃんこ……という1日は、よくあります。

日の出前にホテルを出て適当に歩く時、上環~西營盤あたりで宿泊してる場合だと、
最初に「おはようさん」と言うのが皇后街を皇后大道西へ入ったマンション敷地のにゃんこ。
ちょうど Hotel ibis の真裏に、香馨里という小さな公園のような抜け道があります。
そこで時々見かけるにゃんこ……日の出前から出歩いてるのか?……同じやがな……。

その子に会えなくても朝活の仕上げにお邪魔する科記では、阿來と阿寶が走り回ってて。
…あぁ、やっぱ そうかぁ…早朝から働く人々と一緒に、にゃんこには朝一番で出会えてるのかも。

b0367632_21181088.jpg
b0367632_21191125.jpg
b0367632_21201238.jpg
b0367632_21210644.jpg
b0367632_21221405.jpg


こんなこと書いてるけど ( 一応事実だから ) にゃんこの事はよく知らないし、
そもそも、にゃんこに仲良くしてもらえるなんて、滅多にない自分。
岩合さんのように「いい子だねー」って声掛けても、8割がたは逃げられる or 無視(笑)。
ちゃんと人を見るんやね。。。
だから もう、一方通行で 勝手に「また会えたねー」だけ淋しく呟いてて。

だけど、“ 自称、お馴染みさん ” が、少しだけ居てくれます。 ( 思い込み その2 )
香港島の西環での滞在が多いから、偏ってるけど。。。
Hotel LBP 前の乾物屋さん、決まってケースの上に上がってる子。
こちら、Maxの時は4匹。 (奥にも居る茶君と黒君、見えます?)

b0367632_21470352.jpg
b0367632_21490338.jpg
b0367632_21495443.jpg


石塘咀方面へ歩いて行くのも、やっぱり欠かせないパトロール。
生命物(ローカルパン屋)の新店舗は、お元気でしょうか?
半オープンエアの熟食中心(食堂)に飛び込んでくるスズメ君たちは、お元気でしょうか?
堅尼地城へ歩いて行く時も通過点なので、街市入口の果物屋さんでも「また会えたねー」と。

ここの子は、以前のブログで書いた事があるけど、
“ タッちゃん ” と名付けてる子です。
ちょっと艶っぽい目で見つめてくれます。 ( 思い込み その3 )
ドラゴンフルーツの箱の上が定位置で( だから龍ちゃん ) のんびりしてるんだけど、
棚の下に走るGokiちゃんを見つけるやいなや、猛ダッシュして仕事します。
働き者さん。

b0367632_21524898.jpg
b0367632_21535606.jpg


同じく西環で、たびたびお邪魔する家品舗(雑貨屋)で眠ってるのが鍋ネコさん。
そう、この子こそ「にゃんこってホントに鍋にスッポリなんや」と教えてくれた子。
一番奥まった祭壇ちかくの中華鍋やボールが定位置だったみたいな印象だけど、
のそ~っと店内を見回ってることもあったような?

前回、前々回と再会できない里帰りが続きました。
どうなんだろう?…変わらず元気にしてるんだろうか…。
人も動物も、「また会えたねー」が言えなくなった時って すっごく気になりません?

b0367632_22220184.jpg
b0367632_22224571.jpg
b0367632_22232289.jpg
b0367632_22245216.jpg
b0367632_22254150.jpg


こちらも再訪したくなる 盅飯屋・市場通り・廟 が集まってる場所、大埔。
西環からはバスでグーンと離れた場所だけど、新界ならではののんびりした空気が漂う街です。
角地にある家品舗にも 猫店長&副店長 がいらっしゃって、2匹で店番をしています。

そうだよねぇ…「気になるにゃんこが居るからやっぱりここで買おうかな?」っていうの、
本当にアリなのでしょうね。
招き猫とは言うけれど、まさに “ 猫店長&副店長のなせる技 ” なのかも。
ウチも年に1度か2度あればいい方でしかないけど、「メラミン皿を買うならここ」だったり。
「また待っててくれるかな?」って思わせて、まんまとハマッてるのか? ( 思い込み その4 )

b0367632_22272950.jpg
b0367632_22283939.jpg
b0367632_22293576.jpg


そう言えば、また戻っちゃいますが、西環で気になってた子が居ました。
「居ました」という過去形になっちゃったのが残念なんだけど、
その子は “ 尾曲がり猫 ” さんでした。

尾曲がり猫は、【曲がり尻尾】と【短尾】と【お団子】の3種類に分けられるそうです。
日本だと長崎県に多いというような話を読んだことが。
「曲がってる尻尾が幸運を引っ掛けて来てくれる」とか
「幸せの扉を開けるカギ(鍵)になる」という云われがあって、幸運のシンボルなのだそう。

香港で初めて出会った尾曲がりさん、
「撮ってもいいですか?」と指をさすと、店のご主人さんが満面の笑みで頷いてくれてました。

b0367632_22404088.jpg
b0367632_22411474.jpg
b0367632_22415544.jpg
b0367632_22422517.jpg


また別の場所…路地の中の家品舗で、
プラスチックの中華箸や蓮華を物色してた時に出会った尾曲がりさん。
仲良くしてくれそうなそぶりを見せて、スリスリ。
黒いジーンズを毛だらけにしてくれた後、ひょいっと膝の上に乗って来てくれました。

「おぉぉー」と嬉しくて、いよいよ「いい子だねー」って言おうとしたその瞬間、
何を思ったのか僕の太ももに爪を立てて ガシガシ爪とぎ開始!!
「おぉぉー」と予想外の展開に驚いて、降りて頂きました。。。
もうちょっとで言えるとこだったんやけどねぇ…「いい子だねー」…言えんかった。
「まぁな、少しは気に入ってくれたんかな?」と退散したけど。 ( 思い込み その5 )

先日の放送では、岩合さん、不意に顔を引っかかれてました。
ビックリしながらニコニコしてらっしゃいました。
…。
…。
まだまだです……修行し直します…。


b0367632_22480897.jpg
b0367632_22483053.jpg
b0367632_22485930.jpg
b0367632_22491707.jpg
b0367632_22494118.jpg


ウチが「また会えたねー」と言える子たちは、ここまで。
そうは言えないけど、突然「うひょひょ!!」って出会える子も居たりして。
思いがけずの出会い方をすると、次にそこを通った時にまた期待しちゃいます。
…そう都合よく神様はお膳立てしてくれませんけどねぇ…。

箱の下から、おみ足が ちょろりん。
きみ、どうなってんの?????
起こさないように、そーっと そーっと。
こういう時は、本当にカメラのシャッター音を消したくなる。

b0367632_22582047.jpg
b0367632_22584976.jpg
b0367632_22592021.jpg
b0367632_22594660.jpg


とある日の朝ごはん。
「食った食ったー!!」と満腹になって粥麺店を出て来て歩き始めたら、
出入り口から覗いてる子。
「ん?」
「ほ?」
「あーれれーおはようさん。」

歩く速さは、当然ゆっくりになりますよねぇ。
というか、
シャッターの前まで来て先へ進めなくなる。。。
ほんの2~3m歩くのに1~2分かかる。。。

b0367632_23161245.jpg
b0367632_23164087.jpg
b0367632_23171170.jpg


僕を含め 香港迷さん達が街を歩いてて、
【その時に通りかかった時間】

【その場所(都会部・郊外・住宅街・商店街など)】
によって、
見かける人の様子や雰囲気も違って見えることがあると思います。

「忙しそうにしてるよなぁ」とか「のんびりしてるよねぇ」とか「何か用心してる」とか色々。
人と同じで、にゃんこ達も時間や場所によって 違う表情を垣間見せてくれるんでしょうね。
そういうのを見かけて癒されたり、
更には ここが香港だから、
癒され度が倍増したりするのかも?と、よく思います。 ( 思い込み その6 )

b0367632_23200583.jpg
b0367632_23203594.jpg
b0367632_23211199.jpg
b0367632_23214026.jpg
b0367632_23222191.jpg
b0367632_23225544.jpg
b0367632_23242568.jpg
b0367632_23252587.jpg
b0367632_23315851.jpg


さぁてねぇ……「いい子だねー」ってにゃんこ達に思わず言える日は来るんかいな?
いや、岩合さんのようになれたらなぁ なんて、めっそうもない。
そんな事は間違っても望めん。
だけど、
【岩合光昭の世界ネコ歩き】を観せてもらってると、どの回にも不幸せな物は 何ひとつ無い。
どの国、どのにゃんこにも あたたかな目を注ぎ、あるがまま受け止めてらっしゃるような。
なので、
映像の【音】や【画】と【岩合さんの声】が、自分には す~っと入って来る。
だとしたら、
そういう付き合い方(国・人・にゃんこ)が 少し出来たらええなぁ…と。 ( 思い込み じゃなく )


b0367632_23332436.jpg


香港の回では、香港の地と香港のにゃんこ&人を どんなふうに撮ってくれるんでしょうね?
そう思って、待ち遠しいです。






015.gif





[PR]
トラックバックURL : https://hknaicha.exblog.jp/tb/26737309
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by たま at 2017-03-23 23:16 x
岩合さんの香港・・楽しみですねー。
楽しみにしすぎて、当日熱出してしまうような気がする。。。^^

岩合さんに負けずに、こえださんの猫たちもみーんなかわいいです。
箱の猫さん、どうしたら、ここから手が出るんだろう・・ふしぎー(笑)

黒白の鍋猫さんは、、、もういませんね。
あそこのあの猫さん♪と、おなじみさんを作ってしまうと、居なくなった時に寂しいので、
あまり深入りしないようにと、気を付けていますよー。

Commented by nicho at 2017-03-24 10:10 x
意外に街歩きをすると出会いますよね、以前はそんなに気にしていなかったんですが・・・

嫌いじゃないけど、若干恐怖心がある猫。小学生の頃近所に飼われていた猫に思いっきり足をガリッと引っかかれてから触るのとかもちょっと怖い。
最近少しずつ慣れましたが・・・

台湾の猫村に行った時猫好きな人と行ったのに何故か私が猫に付きまとわれて焦るという事態に・・・

そういえば香港でもある程度距離を置いて接している(怖くて)のに近寄ってきてくれて一人焦ってます。
なんでしょう?「ほらほら撫でてごらん、怖くないよ」って言われてるんですかね?
次回は勇気持って自分からニャンコに歩み寄ってみようかなぁ?
Commented by kironeco at 2017-03-25 08:56 x
おはようございます。
私の名前でお気付きかもしれませんが、そう、ネコです。以前、きいろという黒猫がいました。(諸事情でキロネコになってますが。) 特別、動物好きではありませんが、......写真を撮ってしまいます。なぜか?みなさん、店番やショーケースでマネキンをしています。あらぁ!こんにちは〜、言いますね。ご用?って顔されますが。香港島ではネコの壁面アートがお留守番していました。私が乾物屋さんの猫だったら、絶対、食べてますが、香港猫は食べ飽きているのでしょうか?

大埔の角にある家品店とは富善街へ抜けるお店でしょうか? 先日、ビエン子さんがネコちゃんの写真をupしていますよ。元気そうです。
Commented by chonnfanndaisuki at 2017-03-26 14:08
♫ たまさん
あぁもう、2行目のお気持ち同感。放映当日までお互いに健康管理に注意しましょう(笑)。この気分って、指折り数えて迎える香港行き当日直前まで「風邪ひかないように」「怪我しないように」と似てます。自分は良くても「台風来ないでね」「空港まで列車事故起こらないでね」もあるし(呆)。…深入りし過ぎぬように → ずっと深い想いを持ち続けてらっしゃるたまさんならではの重みのあるお言葉。忘れがちなので要注意かも。人・店・建物などとも、ですよねぇ。
Commented by chonnfanndaisuki at 2017-03-26 14:21
♫ nichoさん
そっかぁ、少しだけ苦手な部分も持ち合わせてらっしゃるんですね。でも同時に、にゃんこと共存する香港の街並みをご自分らしく描く場も持ってらっしゃるから羨ましいです(その場を通して再会できる皆さんとの大切なご縁にも)。…台湾の猫村、あちらの記事で初めて知った時以来「鉄道に揺られて行き、あの街の中に身を置いてみたい」と思うようになりました。天燈も、です。そもそも「台北から出て過ごせる時はウチに来るのか?」という点が自信ないのですが(笑)。
Commented by chonnfanndaisuki at 2017-03-26 14:45
♫ kironecoさん
大埔のお店は、たぶんそちらだと思います。この家品舗さん、すぐ脇の路地に雀達が集う集合住宅もあるので、雀迷でもあるウチとしては外せません(笑)。新明發で盅飯を食べて、腹ごなしも兼ねて廟へご挨拶しに歩くコースです。…乾物屋さんの店長&店員達は、本当に不思議ですよねぇ。毎日あれだけ芳しい匂いに囲まれてて、なぜ我慢できる?&耐えていられる?と、昔から謎です。嗅覚が慣れちゃってるのか、きちんと分別が付いてるからか、尋ねてみたいですよね(笑)。
Commented by michiyo at 2017-03-26 21:25 x
私も岩合さんの楽しみ過ぎでどうにかなりそうです♪ヽ(´▽`)/

最近の香港は猫さんに会うのが、目的の一つとなっています。
こえださんのblogで知ったLPB前の子達、この前やっと会えましたが、落ち着いててとても綺麗な子達でした。また会いたいです。
ただ、自称プチおなじみさんたちに会えるのは嬉しいけど確かに次に行った時会えないと心配になったり、寂しくなったりしてしまいますね。。

いろんなお店(雑貨屋さんや食べ物屋さん)にいる看板猫さん達。特に乾物屋さんには看板猫さん多いですね。
以前naokoさんと、猫さんは鼻がいいのに乾物屋さんの子達は匂い気にならないのでしょうかね?なんて話をしたのです。生まれた時からいたら、おうちの匂いって事で気にならなくなるのかもしれませんね顔(*´ー`*)
Commented by ころた at 2017-03-27 07:26 x
まぁたくさんのにゃんこたちの写真。
香港の猫は上海街のお店のショーウィンドウ内にいる猫や
上環あたりの問屋さんの秤の上の猫(こえださんのお写真のはその猫の一族かな)
でも、こうやって写真を拝見すると
もっともっといろんな猫たちがいたんだろうな。
母親が子供のころ、本の問屋さんをやっていたんだけど
必ず店には店番の猫がいたらしい。
そう言えば、そんな風景は日本でも当たり前だったかも。
今じゃ見ないですよね。
今じゃ、やれ、不潔だの、アレルギーの客に なんて言われちゃうのかな?
がんばれ香港の招き猫!

岩合さんの香港猫楽しみですよね!
Commented by chonnfanndaisuki at 2017-03-27 13:11
♫ michiyoさん
はい。録画予約が1週間先までしか設定できないので、忘れないようにカレンダーの4月1日に【録画設定!】と赤◎入れました(笑)。正街ファンクラブ会員のmichiyoさんも、あのエリアにはお馴染みさんが多いんじゃないでしょうか?宿泊地にすることで朝夕は必ず歩くわけだから、どうしたって誰かとは会えますよね。皇后大道西で子猫数匹を見た時に「会えなくなってしまった子も居るけれど寿命もあるのだから世代交代も受け入れていこう」と考えるようになりました。
Commented by chonnfanndaisuki at 2017-03-27 13:22
♫ ころたさん
天秤猫は仰る通りでその界隈の一人です。上環~西營盤~石塘咀は、表通りの徳輔道西も山側の皇后大道西も、クルマが絶えず疾走して行く地帯です。で、店番猫さん達が居るのは、ほとんどが道路の面した店ばかりなので、事故とかも心配だろうなぁ(飼い主さんや野良ちゃんのお世話係さん達)。…ころたさんやウチが啓徳空港へ降り立ってた時代って、街なかでは怯えるように生きてる痩せ細った野良ちゃん達を見かけるくらいでした。今より厳しい環境だったような印象です。
Commented by kironeco at 2017-03-27 23:58 x
こんばんは。盅飯っていうんですね。肉系がXな私は旨そう!って、前回の大埔で写真だけ撮ってました。早茶に行くと夫は食べますがじっと見るだけの私です。柴灣の秘密裏路地にありますよ〜。竹筒のようなもので蒸してます。次は雀を探して彷徨きます!ころたさんへのコメントで思い出しましたが・・・、昔はナイトマーケットで・・、痩せ細ったというのはよくわかります。1988頃の広州も香港も。劇的変化だと思います。
Commented at 2017-03-29 09:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chonnfanndaisuki at 2017-03-29 15:24
♫ kironecoさん
盅飯(原盅飯とか盅頭飯とも言います)は肉々しさ満載。ウチも太太が肉類苦手ゆえ、別行動の時だけ ここぞとばかりに、です(おやつ:笑)。秘密裏路地はどの店かなぁ?街市近辺で3軒ほどマークしてたのですが、時間が合わずに1軒しか利用できずでした。早餐はどうしてもパンor麺類中心の店が多いので、あさからガツンと米飯を食べたい時には、強い味方になってくれますものね。…ポケットにフードを忍ばせてる方々が多い今、外猫も少し幸せになりましたよね。
Commented by chonnfanndaisuki at 2017-03-29 16:37
♫ 29日09:05の鍵コメ み さん
見つけて来て下さって、更にコメ欄にもお声を下さったこと、本当に嬉しいです。ありがとうございます!もしかしてnaさん宅の方でお見かけしたり時々コメご一緒させて頂いたりもした み さんでしょうか(間違っていたらごめんなさいね)?茶餐廳や茶會で知った方々がご縁を繋げたり広げたりできる幸せは嬉しいものです。こちらこそ、どうぞこれからも宜しくお願いします。そうしたかたが覗いて下さったりコメ下さることがウチの唯一の励み(笑)。ぜひこれからは、お気軽にいつでも何度でも遊びにいらして下さいね。お待ちしてますー。
Commented at 2017-03-29 21:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chonnfanndaisuki at 2017-03-30 22:53
♫ 29日21:02の鍵コメ み さん
お住いの地ではコンスタントに茶會に参加できること&同じ想いでHKやにゃんこを愛するお仲間さんたちと交流できること、うらやましいです。暮らしてらっしゃる以上、旅行者にはわからない大変さもたくさんおありかと思いますが、それでも敢えて言うなら、やっぱりそちらで様々な光景&人々に囲まれていることもうらやましいですし(笑)。…ずっと気にかけているのですが An さんのお声を聞けなくなっちゃって久しいです。 み さんのように、またいらして頂けたらなぁ。
Commented by Jyujai at 2017-04-01 11:36 x
4/7のネコ歩き、楽しみですね〜。香港、けっこう看板猫多いですよね。
でも、愛想なくて自覚がなさそうですね〜。

自由で気ままそうだけど、妙にじっとこっちを見てたり、時々すり寄ってくることもある。
そんなツンデレなとこが、世界中で愛される理由かなあ。
Commented by chonnfanndaisuki at 2017-04-02 18:18
♫ Jyujaiさん
楽しみですねぇ。台湾の回も観たんだけど、やっぱり良かったです。にゃんこの居る場所を撮ってるわけなので、自動的にローカルな場所or意外な場所が映し出されるし、そもそもそれをにゃんこの目線の高さ(低さ)でカメラを構えたり追ったりしてるから、ふだん自分じゃ見られない見え方なんですよね。そんなだから、香港をどう切り取ってくれてるんだろう?と楽しみで。…岩合さんもツンデレされてますが、でも、どうしてあそこまで寄って来てもらえるのか?本当に謎。
名前
URL
削除用パスワード
by chonnfanndaisuki | 2017-03-22 23:40 | 風景 | Trackback | Comments(18)

…暮らすように滞在したい香港…


by chonnfanndaisuki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31