京都でコーヒー 香港で㗎啡 どちらもまた再び

所用があって京都へ行ってきました。
御用納め後の12月29日、往路の電車は混み合い、駅や河原町近辺は賑わい。
でも、少しだけ中心部から離れると、静かな路地裏散歩も出来て。

途中、リッツ・カールトンの PIERRE HERME でおやつを買い求めました。
奥へ進むと、レセプションで カフェで 廊下の要所要所に立っての案内で、
柔らかな物腰のまま 細かな気配りを決して表に出さない空気を纏って
完璧なホスピタリティーで応じてくれるホテルスタッフの皆さん。
そう言えば、圧倒的に女性スタッフばかりでした。
駐車場の担当も 皆女性だったかな…国籍も多様で。

ホテルステイをメインに楽しめるようになった時、いつかは滞在してみたいホテル。
京都ならば、ここにしようかな。
香港ならば、ずっと昔から決めています。
中環のマンダリン・オリエンタルホテル。
そんな日が、いつか来るのか? 幾つになったら落ち着くのか。(笑)


b0367632_21362881.jpg
b0367632_21370767.jpg
b0367632_21374306.jpg
b0367632_21381056.jpg



京都へ来ると、コーヒーを飲む時間が多い自分。
学生の時に、イノダのコーヒーを飲むためにオートバイで京都へ向かったことがあります。
東名高速を使うとトンネルを出るたびに海から吹いて来る横風が怖かったので、
府中国立のインターチェンジから中央道を選んで、慎重にカーブや下り坂を迎えながら。

京都で高速を降りて一般道に出るまで我慢ができなかったから、
途中のサービスエリアで何度コーヒーを飲んだだろう?(笑)
イノダとは全然違う すえた味のコーヒーは、それはそれで美味しかった思い出です。


063.gif Let's drink coffee in a shop .

b0367632_21393932.jpg
b0367632_21401454.jpg
b0367632_21411578.jpg
b0367632_21420689.jpg
b0367632_21423402.jpg


今回の京都も、目覚ましの朝コーヒーでスタート。
六角堂のスタバ~堺町通のイノダ~河原町のファミマ~寺町の進々堂~三条大橋のスタバ……。
お茶の一保堂が 大福茶 ( おおぶくちゃ : 1年に1度だけ出る 新春を祝うための茶葉です )
を買い求める長蛇の列で店の中にさえ入れなかったので、
コーヒーに偏った滞在でした。


063.gif Let's drink coffee under the sky .
b0367632_21434436.jpg
b0367632_21443143.jpg
b0367632_21445684.jpg
b0367632_21453039.jpg
b0367632_21460656.jpg
b0367632_21463085.jpg
b0367632_21470437.jpg
b0367632_21472906.jpg


イノダのコーヒーは、特別断らない限り、
基本、ミルクと砂糖があらかじめ入ったコーヒーが供されます。
アラビアの真珠。

これ、飲む時にいつも思うのですが、
香港の㗎啡に似ているような気が。

茶餐廳によって味はそれぞれ違うものの、
豆も濃さも甘さも、なんだか香港を想うんです。
だから、イノダに居ながら茶餐廳に居るように思わなくもない自分(笑)。

でもなぁ。。。
やっぱり里帰りして飲みに行きたいなぁ。。。
あぁ~里ごころが付きまくりです。


063.gif Let's drink coffee in me with you .
b0367632_21494065.jpg
b0367632_21504008.jpg
b0367632_21510853.jpg
b0367632_21514784.jpg
b0367632_08540909.jpg


廣東語のステレオ放送に心地良く囲まれながらの㗎啡。
疾走するバス・ミニバス・トラム・タクシーを眺めながらの㗎啡。
街から飛び出して、海や山を望みながら 自然に囲まれた場所での㗎啡。
たとえお味がイノダに似ていたとしても、やっぱり別物ですもんね。

どちらが良いかって天秤に掛けることなんてできないわけで、どちらも魅力的。
たとえスタバだって、六角堂や三条大橋を目の前にしてソファに腰掛けゆっくり味わうと、
「京都でのコーヒーって良いよな。」
だし、
街の匂いをおやつにしながら、あんまりゆったりしてちゃあかんかな?と思いつつ味わうと、
「香港での㗎啡って良いよな。」
だし。

来年も、欲張って両方楽しみに行きたいと思っています。


063.gif Coffee always waits in Hong Kong and gives it .
b0367632_21535489.jpg
b0367632_21542902.jpg
b0367632_21552106.jpg
b0367632_21560532.jpg
b0367632_21563485.jpg
b0367632_21572700.jpg
b0367632_21582563.jpg
b0367632_21585731.jpg


今日は2016年最後の日。
ご縁を持たせて頂けた事、本当に感謝しかありません。
そのご縁を より紡いでいけるようにと願うばかりです。

反省はしても 後悔はしない 大晦日。
   どうか、良い年をお迎え下さい。

空でも見上げてゆるゆる迎える元旦。
   新年、明けましておめでとうございます。




056.gif

[PR]
トラックバックURL : https://hknaicha.exblog.jp/tb/26518315
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2016-12-31 22:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-12-31 22:42
♫ 大晦日22:28の鍵コメ り さん
ん?コメ頂ける事はとても嬉しいのですが、この時間にここに覗きに来て下さってるということは某局の歌合戦をご覧になっていないのですか?あれ?いいのかなぁ?それ以上に驚いたのが京都とそんなご縁があったなんて!お聞きしたことが無いような?「話してあるわよ!」と叱らないで下さい(笑)。…そうなのですね?今年を抜け出せる事、本当に良かったです。ウチそういう事を意識出来てなかったから今でも何か取り付いたままなのか?ええい!新年をどう迎えるか作戦を考えます。…あぁお声頂いて横田基地16号線を走った日々とチーズ&オリーブ(健在?)を思い出さないわけにはいきません。自動的にロールキャベツも。…で、TV観てないの?
Commented at 2016-12-31 23:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-12-31 23:33
♫ 12月31日23:08の鍵コメ ま さん
そう言えば、上水から渋谷までバイクで走った日がありました。山下君と二人で。首都高速を使わずに一般道で行ったのだから、無謀な事を…もとい…勇気がある事をしたと思っています。電車で行った日にステージ衣装を運んで行った後なのでバイクでも可能だったのでしょう。その時の記憶はただ一つ → ライダースーツを着た2人をちゃんと通して下さった守衛さんに感謝しきりでした。第九生放送の夜ではなかった事は確かなのかな?…初めての良き元旦、どうかHappyなひとときになりますように。社交辞令ではなく、「忘れられないお味と、上京するたびに顔を見せて下さる事が本当に嬉しいのです。」と、ご両親にくれぐれもよろしくお伝えください。
Commented by ころた at 2017-01-01 08:30 x
イノダに行かなくちゃ~♪
コーヒーはブラック派ですが
わたくしもここ砂糖とミルクを入れて。
バイクで京都って
東京からですか!
それはすごい。
高田渡調ではなくてヘビメタ調なコーヒーブルースですね。

かつての中環のスターフェリーの埠頭前にあったリッツ
1度だけ、特別な旅の時に泊まりました。
ほんと気持ちよかったなぁ。
そのホスピタリティが素敵でした。
その後も泊まることはなくても建物があるまではお茶をのみにお邪魔してました。

いやぁ、
こんな風な香港の写真の特集
めったに見られないですよ。
すばらしい。
新年そうそうよいもの見させていただきました。
特にすでに運ばれたときにソーサーにこぼれている奶茶
ラインのプリントがぼけぼけになったカップのショットがわたくしのお気に入り

新年あけましておめでとうございます。
本年もお付き合いのほどよろしくお願いいたします。
Commented by chonnfanndaisuki at 2017-01-01 09:49
♫ ころたさん
イノダの正面玄関に辿り着いた瞬間、ころたさんが自動的に浮かびましたよ(笑)。数年前だったか、トイレで隣り合ったのが かまやつひろし氏 でしたが、今回は旦那衆。日中は日本人&欧米人観光客で激混みでした。…リッツ、ウチはとうとう九龍側からの見物で終わってしまって。ころたさん貴重かつ快適な体験をしてらしたんですね。新築も良いけれど、やはりあの頃に接しておきたかったです。…カップ&ソーサー、はい!(笑)仰る通りで萌えますよね。使用後に容赦なくバケツに放り込まれ、ツルツルで欠け欠けに使い込まれながら時を経てきた表情は、本当に素敵です。日本・他国でこの状態で出てきたら、何と思うんだろう?(笑)「ならでは」ですもんね。
Commented by chibiko-hk at 2017-01-01 22:17
こえださん、あけましておめでとうございます!
大晦日に美味しいコーヒーを楽しまれるなんて、ステキな年末の過ごし方ですね!
でも、香港のコーヒーも♪わかります!(笑)
今年もよろしくお願いいたします!
Commented by piyo at 2017-01-02 00:14 x
こえださん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします♪
「反省はしても後悔はしない」にぐっときてコメントしちゃいます。
私、大晦日だけじゃなくて常にこうですから。へへ。
そして泊まりたいホテル、マンダリン・オリエンタルも同じです。
いつまでたっても泊まれそうにないですけど(笑)
珈琲の写真、いくつあっても見飽きないですね。
2つ並んだカップって素敵だな、とか。招牌珈琲もあるんだ、とか。
台湾でも招牌は便當とかでよく見るけれど珈琲は見たことがありません。
新聞フェチの私は年末年始を香港で過ごす友人に新聞を買ってきてもらうよう
お願いしちゃいました。受け取るのが楽しみです〜。
Commented by chonnfanndaisuki at 2017-01-02 19:45
♫ chibikoさん
おめでとうございます。そうなんです、年末に日本ならではの古都でコーヒーを楽しんでいたら、かの地に思いを馳せてしまいました(笑)。chibikoさん、コーヒーにピッタリのデザート等いくつもご存知だから、お名前を見たら「そうだ、せっかくだったんだからコーヒーに合うペストリーを何か一緒に味わえばよかったのにな」と反省。三条大橋のスタバ店内で、リッツのクロワッサンをこっそり齧ってたんだけど、もうちょっと他に甘い物もあれば良かったなぁってちょっと失敗(笑)。今スタバでも美味しいパンが出ていますよね。【石窯フィローネ】でしたっけ?パン生地が新しくなって外パリ中モチのバゲット風。ハマって全種類制覇してしまいました(笑)。
Commented by chonnfanndaisuki at 2017-01-02 20:09
♫ piyoさん
おめでとうございます。過日頂いたコメを思い出したのですが、もうすぐお嬢さんとご一緒の訪港ですよね?出発カウントダウン開始だぁ。いいなぁ~。そう、マンダリンいいですよね。なんか、こう、香港を見続けてきた伝統を纏いながらも、時代を先取りしつつ快適な装備も備えてて。そしてなにより、【人】を感じに行きたいです。…piyoさんの「2つ並んだカップ」の一言を拝見して、台北の「2つ並んだポスト」を思い出しました。あれ、キュートで大好きです(笑)。2色で寄り添ってるポストの写真を飽くことなく撮りました。新聞だと中國時報のE3~E10面あたりも凄く気に入ったんですよ。カラフルな求人広告は額装済みです(笑)。良い旅になりますように!!
Commented by kironeco at 2017-01-02 20:34 x
こえださん、あけましておめでとうございます。
12月はご無沙汰してしましました。ちょっと、出かけた香港のつもりが新しい出会いに頭がパツンパツンになっておりました。ひとつ前のポスティングから、香港のケーキ!そういえば殆ど買いません。最初の出会いが油麻地あたりのじゃりじゃりバタークリーム、激甘だったからか・・・、その後、ハッピーバレーのとあるおしゃれケーキ屋さんがイマイチだったからか、今、リピートして滞在している堅尼地城に著名店があっても値段が高いからか?そういえば、お茶のミルクもコンデンスミルクだった・・・。などなど、いろいろと思い出します。そして、今回のブログを拝見していて普段はコーヒーを嗜まないのですが、次の香港はお洒落じゃないところで珈琲をチェレンジしてみたくなりました。最近はお洒落なcafeやcoffee standが増えてますね。
Commented by Jyujai at 2017-01-02 20:55 x
こえださん、あらためて新年あけましておめでとうございます。
イノダコーヒーが東京駅大丸で買えるようになってから、ウチではイノダのコーヒー飲んでます。
でもブラックだから、香港のコーヒーに似ているなんて考えてもみなかったなあ。
今週末の3連休、ちょっと里帰りです。今回は大勢なので、ディープなところはいけないとは
思いますが、また今年もいきなり行ってきます!
Commented by dandelion at 2017-01-02 23:14 x
新年快樂!こえださんにとって良い年でありますように。香港の茶餐廳のカップたちは、どれも味があっていいですね。久しぶりに激甘リプトン奶茶を飲みたくなりました。茶餐廳はコーヒーも甘いのですね。私もスタバはよく利用します。(前の記事を読んでホリデーチケットのことを思い出しました!早く使わなきゃ)スタバの苦みばしったコーヒーは確かに美味しいけれど、どこでも美味しいコーヒーが飲めるのは悪くないけれど・・香港から味のある茶餐廳が駆逐されないことを願うばかりです。今年も素敵な記事を楽しみにしています。今年もどうぞよろしくお願いします。
Commented by chonnfanndaisuki at 2017-01-03 13:51
♫ kironecoさん
おめでとうございます。どんな新たな出会いだったのかな?なによりです。…あぁ~口に含んで噛んだとたんにジャリジャリするの、ありますあります(笑)。良いですよねぇ~。載せた写真の中にもあるのですけど、ジャリジャリ感と共に調理過程で混ざったであろう【卵の殻】を感じる物もありました。リアルで面白くて。愛しさを込めて【殻ケーキ】と呼んでます(笑)。…ホント仰るようにカフェやテイクアウトスタンドが増えました。香港島側で多く見かけるような気もしますが、売り上げが賃貸料金をカバーできないケースが多いからか、短期間で消えていっちゃう店が多いですね。でもまた居抜きで同業者が入りチャレンジして。逞しいですよね。
Commented by chonnfanndaisuki at 2017-01-03 14:08
♫ Jyujaiさん
ご自宅で!いいですねぇ~。僕もJyujaiさんと同じく普段はブラックばかりなのだけど、イノダの店舗での基本形(ミルク+砂糖)しか知らないので、どんな風味になるんかなぁ?堺町の本店入口に豆が並んだショーケースが広がってるんですけど、日常使いにお土産にと回転よく売れているようです。激混みの本店から徒歩3分ほどしか離れていない三条店、行かれたことはありますか?奥へ進むと大きな円形のオープンキッチンになっていて、淹れる様子もご馳走です。ここも好きだなぁ。…で新年早々の里帰りですか?!いいなぁ~。旧正月3週間前だから、きっと真っ赤に染まりつつある街ですね。前回の弾丸旅とはまた違う香港。楽しんでらして下さいね。お土産話待ってます!
Commented by chonnfanndaisuki at 2017-01-03 14:33
♫ dandelionさん
おめでとうございます。あ、茶餐廳のコーヒーって甘いもんだとばかり思ってましたが、よくよく考えると【予め入ってるコンデンスミルクの甘さ】だけで「砂糖は自分で加えなよ」ってのも多いような気がしてきました。dandelionさん命名のおかげですっかり定着した【朝活】の〆に、科記咖啡餐廳へ行くという日常はよくご存知ですよね?(笑)。で、その科記でいつも接客してくれるお兄ちゃんが時々「砂糖入れるか?」と聞いてくれるんです。前日は確認されず元々入ってたのに、翌日は気紛れで尋ねられるという感じで(笑)。「入れていいんやな?よしわかった。」と背を向けた時、その愛すべきいい加減さにウヒヒと笑う事が多いです。会話できる機会になるしね。
Commented by ユ・ミヌ(유민우) at 2017-01-03 16:10 x
こえださん、明けましておめでとうございます!!
昨年は、香港はもちろん、自分自身としては、「こえだワールド」をたっぷり堪能させていただきました(笑) いつも感謝の気持ちでいっぱいです。今年も相変わらずな自分になりそうですが、今年も何卒よろしくお願いいたします。
京都にはもう随分行っていないんです。20代前半の頃は新幹線に飛び乗って、年に3~4回行っていたこともあります。ある日突然、京都から韓国へシフトが変わり、今に至っています。またいつかシフトが変わる日が来るかもしれません。不思議と京都って珈琲のイメージがあるのですが、こえださんからもコーヒーのお言葉が出てビックリです!ブラック派ですが、一日5~6杯飲むくらい自分もコーヒーが好きです。
Commented by taro at 2017-01-04 01:00 x
こえださん
明けましておめでとうございます。
昨年も本当にありがとうございました。
今年も私にとって、香港への道標として、このブログを楽しみに見させていただきますね!

年末京都でしたか!それは羨ましい〜。
以前もコメントさせて頂いたんですが私の中で「香港迷は京都が好き」という図式が勝手に出来上がってます!私も京都が大好きだから。
イノダコーヒーは必ずいってしまいますね〜。
私も普段は砂糖は入れない主義だけど、イノダコーヒーはそのまま砂糖入りを飲んでましたよ。そういえば…。
その甘さがぜんぜん気にならないんですよね。
それは香港の㗎啡に似てるからだったのか…と、こえださんのブログで解明されました。
最近は香港に行くともっぱらナイ茶ばかりでしたが、久しぶりに㗎啡もいただこうかな。

あと、2週間ほどで私も里帰りです!
(こえださんの言い方真似させてくださいね)
Commented by chonnfanndaisuki at 2017-01-04 17:57
♫ ユ・ミヌさん
おめでとうございます。今年も変わらず(変えられず)偏った香港話をタラタラ記していこうと思います(笑)。本人いたって楽しんでますが、お付き合い下さると嬉しいです。…ユ・ミヌさんもコーヒーがお好きだったんですね。ブラックも同じくです。ちなみに、酸味が少なくてコクが太いタイプが好みですが、そこも似ているのかな?違うのかな?コーヒーにも様々な風味があるけど、豆の違い以上に飲む時のシチュエーションの違いって大きいですよね。どんなに好みな味のでも、仕事中に飲むより自由な時間の中で飲んだ方が美味しいですし。気ままな時間に飲むならすえた味のコーヒーだって美味しいし(笑)。ユ・ミヌさんが今年も美味しい時間をもてますように!
Commented by chonnfanndaisuki at 2017-01-04 18:10
♫ taroさん
とうとう里帰りカウントダウン開始ですね!いつもの國泰航空ですよね?お願い → 連れてって下さい。スーツケースだったら中に入れます(頑張ります)。…その図式だから、京都の點心屋さん(名前失念&お店まだ健在でしょうか?)で香港迷のオフ会が開催出来そうですよね。どうしてやろ?街の造りも時間の速さも違うのに。不思議ですね。でも、㗎啡だけは似てると思うんです。さらには、「イノダのも茶餐廳㗎啡も、自宅で再現できそうなのになかなか出来ない」っていう点も似てるような気がしません?まぁそれが良いんでしょうけれど(笑)。…お帰り後のお話、首を長くして待ってます。今回はどちらに滞在?計画だとどんな行程?もう尋ねたいことばかり(笑)。
Commented by 爽子 at 2017-01-04 21:58 x
あけましておめでとうございます 🐔
今年も宜しくお願い致します。
「途中、リッツ・カールトンの PIERRE HERME でおやつを買い求めました。」
いつものブログの内容からだと意外ですが、普段落ち着いた環境に身を置いている方程香港のB級的なモノが面白く感じるのだろうなぁ..と感じる事があります。
Commented by 爽子 at 2017-01-04 23:23 x
はっ..そう言えば、㗎琲なんですね?
珈琲だとばかり思ってました。
Commented by chonnfanndaisuki at 2017-01-05 20:56
♫ 爽子さん
おめでとうございます。こちらこそ、今年も仲良くしていただけると嬉しいです。そう、日本ならではの普通に美味しい物(そりゃ個人によって其々違うでしょうけれど)をふだん食べていられるから、里帰り中には【ならではのもの】に気持ちが行くんだろうなぁと思います。以前から変わらず思っていることだけど、香港で【暮らす】となれば話は違いますもんね。人との関係&衣食住の現実、ほとほと困ることや息詰まる事があるんだろうなぁと。特に自分は適応性が無いので(笑)そういう部分で凹むだろうなぁと思っています。一介の旅行者は訪問地の良い所だけ味わえるでしょうからねぇ。20何年そう思い続けながらも、やっぱり香港が魅力なんですけどね(笑)。
Commented by chonnfanndaisuki at 2017-01-05 21:35
♫ 爽子さん、もう一つ
そう㗎啡なんですよね。日本のスタバはドリップコーヒーをお客に提供するまでの時間が昨年10月頃から更に短くなったんですって。仲良しのスタッフさんに聞いたんだけど【今までは店で抽出してから1時間をめどに廃棄して新しく淹れてたのだけど、今回からは更に短く30分経ったら新しいコーヒーを抽出するルールに変わりました。お客様に淹れたてを提供するという事を徹底してるんですよ。」と。香港スタバは抽出後放置(笑)だからすえてるし、どうやら自分の経験や友人の経験だとアジアの他国でも香港と同じらしいです。だから茶餐廳で㗎啡を飲むのが一番(笑)。
Commented by piyo at 2017-01-20 00:37 x
こえださん、こんばんは。
ありがとうございます。そうです、明日から香港です。
香港3回目の今回、なぜか恋い焦がれた片思いの相手に会いに行くような心境です。
受け入れてもらえるかしら?そうだといいなぁ、なんて。
台北と似ているところもあるけど、何かが決定的に違うのですよね。
台湾の2つ並んだポスト、台風で2つが同じように傾いて大人気になったことがあったなぁ。
新聞の求人広告はあまりにカラフルで、住み始めた当初は日本に帰る度に持ち帰って見せてました。
香港の空気をたくさん吸って帰ってきたいと思います〜。

Commented by chonnfanndaisuki at 2017-01-20 22:35
♫ piyoさん
この返コメを見て頂けるのは滞在中かな?帰国後かな?piyoさんがお嬢さんと訪港出来る事、なんだかウチの事のように嬉しいです。待ちに待った香港は、想い続けてたpiyoさんを両手を広げ迎え入れて【願ってた体験】と【想像して無かった体験】の両方を味わわせてくれる(くれた?)んじゃないでしょうか?受け入れて貰えるどころか、お二人にプレゼントしてくれた物がきっとあるような?…piyoさんにとっては、日本も台湾も暮らしの地。香港は特別な地だから、旅ならではの何かをたくさん持ち帰られますように。帰国後の声は必ず聞かせて下さいね。必ず、ですよ(笑)。
Commented by piyo at 2017-01-27 02:39 x
こえださ〜ん、とっても素敵なコメントありがとうございます!帰国後に読ませていただいたのですが嬉しくて嬉しくて。
はい、その通り、香港は両手を広げて私たちを受け入れてくれました。何から書いたらいいのか…とにかく香港がもっと大好きになって帰ってきました。娘は思っていた以上によく歩いてくれて、おかげで広東ポップの書籍に巡りあえたり、手描きの鶏さんを持ち帰ることができたり。もちろんいろいろ制限はあって貴重な一日がディズニーに費やされたりもしたのですが(泣)、旺角から油麻地まで歩いてみたり、初めてバスに乗ってみたり、これまで以上に街歩きを楽しむことができたような気がします。そして何より今回はちょこちょこっと人と触れ合えたことが思いがけない宝物になりました。広東語を聞き取りたい話したいと思いながら手つかずで訪れた3度目の香港でしたが、聞き慣れた中国語とは違う広東語の響きが楽しく、これまでよりも耳によく言葉が入ってきたことで、より香港を近く感じることができたかもしれません。感じたことはたーくさんあるのですが、おいおいお伝えしていきたいと思っています。よろしくお願いします♪帰ってきたばかりなのにまた里帰りしたい私。香港は特別な場所であることを実感しました。
Commented by chonnfanndaisuki at 2017-01-28 18:50
♫ piyoさん
piyoさん、良い訪港で本当によかった。お帰りなさい。そしてこうしてコメ欄に来て下さったのも嬉しいです。ありがとう。香港でしか出来ない滞在を楽しく味わってらっしゃったんですね。【想像していなかった体験】も幾つもあって。それは、書籍・器・散歩・バス乗車・地元の方との触れ合い(ここ詳しく話して!笑)などなど、書いて下さった数々の体験もだけど【娘さんが思った以上に歩いてくれた事】も、想定外の体験になったのではないでしょうか?というより、そのおかげで【想像していなかった体験】に巡り会えたのかも、ですし。ホント、少しずつ話しに来てね。
Commented at 2017-01-30 09:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chonnfanndaisuki at 2017-01-30 18:31
♫ 1月30日9:34の鍵コメ ひ さん
恭喜發財 大利大吉 福運亨通 迎春搞福 今年が ひ さんとご家族にとって良い年になりますように!…勿体ないお言葉ですが、率直に嬉しいです。そう感じて頂ける掲載が続くといいなぁ。これからも心して独自路線で邁進したいと思います(笑)。…ほんとだぁ、仰るような点で比べると、大阪と香港って似通ったイメージ。京言葉とは違う大阪の闊達な関西弁も、台湾などの國語よりも廣東語に近い勢いを感じるし。大阪詳しくないのですが、興味が出てきました。…いつ書いたっけ?と今確かめたら、去年10月28日。 ひ さんのコメも本当に励みになってます。ありがとうございます!
Commented by piyo at 2017-02-08 01:49 x
こえださん、こんばんは。
そうなんです。香港初めての2人旅は娘の成長を感じる旅でもありました。
娘が同じ場所を複数回訪れているのは香港だけ、なんだか定点観測のようです。
大好きだった蝦子撈麵が好きではなくなった一方で燒臘のおいしさに目覚めたり、前回気に入っていた鴛鴦茶は2回もオーダーしてみたり。そして今回はお小遣いを香港ドルに交換して自分でおみやげを買うことにもチャレンジ!中環のドールハウス用小物の屋台でそれはそれは長いこと悩んだり、どうしても欲しいものを見つけた時には自分で値段を聞いてみたり。ばっちり使い切りましたよ。
2人で日本に一時帰国することはあってもそれは旅行ではなく。大好きな香港で娘と初めての2人旅を楽しみ、成長を感じられたのはとってもよいことでした。
、、、ってこんな話をしに来て大丈夫ですか?
Commented by chonnfanndaisuki at 2017-02-08 22:06
♫ piyoさん
↑ のコメ「こんな話を…大丈夫ですか?」 → 大丈夫もなにも、こんなお土産話を分けて頂けるなんてこちらが幸せです。何度も呟いてますが(僕が:笑)「コメ欄は誰もが自分の香港を持ち寄れる場所」なのです。きっとpiyoさんも感じて下さってるように “ 情報ブログではないこのブログ ” ですもん、情報交換ではなく、様々な想いを持ち寄れるコメ欄が一番だと思ってきていますから。…買い物チャレンジの様子、可愛らしいなぁ。すでに燒臘に目覚めちゃって、今後どうしましょう?(笑)piyoさん、二人で行けて親子の香港を刻める旅で本当に良かった。他の誰とも出来ない旅やん。…突然別件ですが、コーヒーのこと思い出してたら台北で入った蜂大咖啡を思い出しちゃいました。もう1回行きたい。そして散歩し始めたら2~3時間でも足りなくなる迪化街も再訪したい。迪化街の周辺で良いカフェありません?
名前
URL
削除用パスワード
by chonnfanndaisuki | 2016-12-31 22:02 | ごあいさつ | Trackback | Comments(32)

…暮らすように滞在したい香港…


by chonnfanndaisuki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31