トラムの2階先頭席で想う あれこれ

おらが町には15~6年ほど前まで路面電車が走ってました。
廃線になってからもレールだけはずっと残ってたんだけど、
その後は樹木が並ぶ植え込みや県道に整地されて、今は跡形もありません。
2ヶ月ほど前だったかな、その樹木に添ってる県道を通りかかった時、
路面電車の事をなつかしく思い出してて。

そんな事が頭の隅っこに仕舞われてたからか、
昨日、とある友人が鉄道の話をしてるのに触れて、今日の記事を書きたくなり…。
前記事のとおり、頭の中で何かがつながって書き散らしたくなった今日の記事です(笑)。


b0367632_20423048.jpg


香港島を走るトラム、里帰りしてる間は乗らないわけにはいかないアトラクション。
やっぱりね、2階先頭席が空いてれば 迷わずそこに座ります。
ただ、同じ2階先頭席でも、旧型車両と新型車両とでは、座席の造りが違います。
(いや、もう、新型車両が登場してから何年も経つから、旧型も新型もないんだけどね。)

昔ながらの旧型車両は、横向きの先頭席が左右に2席ずつで4席が向かい合ってる。
いっぽう、
その後に登場した新型車両は、前向きのセパレートになってて左に1席分・右に2席分。
座った時の気分がね、けっこう違って感じるんです。
(新型車両も2階最後部席だけは、なぜか旧型と同じ “ 向かい合わせ ” になってますけど。)


b0367632_18172613.jpg

b0367632_18185868.jpg


旧型車両で左右2席ずつが向かい合ってると、進行方向正面は横を向いて楽しむことになる。
ま、 ちょっとだけ顔を横にしたまま見なきゃならないけど、
そんなことはなんでもないほど魅力がある席なので、苦ではありません。
だけど、
新型車両だと前方を向くしかない造りの席なので、
確かに進行方向は特等席で楽しめても、車内の雰囲気は感じられないんですよねぇ。。。
これが僕的には残念で。。。

窓から眺める街は魅力的だけど、一緒に乗り合わせてる人々を感じるのも悪くないでしょ?
「…おばちゃん何の用事で乗ってるんやろ?」 (もちろんココロの声ね)
「…おっちゃんエエ顔しとんなぁ。ひょっとして同い歳くらい?」 (男子やけど おっちゃんLove)
「…このアマさん今日の夕食は何こしらえるつもりなんやろ?」 (おかずを想像する)
「…女の子おしゃれさんやねぇ。スカートの色もお似合いや。」 (子どもの髪ってきれいやなぁ)
「…男の子ずっと外を見とるけど、自分にもあんな時あったなぁ。」 (…遠い目…いや、今でもか…)
などなど、果てしなく妄想しつつ人間観察。


b0367632_18431267.jpg

b0367632_18460829.jpg


なんて言うんかなぁ、
他の乗客の気配も味わえるというか、香港の人々と一緒に居る空気感が楽しめるというか。
前方だけを向くしかない席からなら、自分の後ろは な~んにも見えないので。。。

新型車両だと、視界180度のうち、外の景観が100%だけど、
旧型車両だと、視界180度のうち、外が50%・車内が50%のハーフ&ハーフ。
1度で2度 美味しく感じるんですよ。

前だけ向いてる座席だったら路線バスと同じだから、
“ トラムらしさ ” は旧型車両にだけ ある気がするなぁ。
ま、結局は【用事がある行き先の車両の先頭席】を狙うだけで、
新型旧型なんて選んで乗ってないんですけどね(笑)。
でも…、
でも…、やっぱり、
「どっちがええ?」って問われるなら、旧型車両の方がいいな。


b0367632_18525358.jpg

b0367632_18542474.jpg

こんなふうに、同じ2階先頭席でもイスの向き方一つで持ち味が違う旧型車両と新型車両。
あとは、そうだなぁ……座り心地も違うような気が…。
旧型車両のイスはプラスティックでお尻を包み込むようなカーブ型。
新型車両のイスはアルミフレームに固定された硬~い木製の直線型。
これまた好みはそれぞれでしょうけど、
同じ区間ぶん座ってて比べると、硬い木製のって痛くなるんですよ。
いや、先入観じゃなくてほんとに。
取り付けの仕方や座面の形に “ 振動を受け流す遊びの部分が無い ” からなのかな?
……人のお尻に優しくない(笑)。


b0367632_19120644.jpg

b0367632_19125834.jpg


さて。
【新旧どっちが良い?談議】は、ここまで。
いずれにしても、2階先頭席っていうのはジェットコースターの最前席と同じ魅力ですよね。
特に【北角行き】の車両だったら、何が何でも先頭席を確保したくなる。
何度繰り返しても、トラムが人の波と市場に囲まれながら進む春秧街を最前席で見たいから。
【モーゼの十戒】をリアル体験出来ちゃうんですもん。

もちろん、いつだって座れるわけじゃありません。
どこか途中の駅から北角行きに乗ったら、先頭席に座れないことは多々ある。
そんな時、まずは後ろの席に座りながら、先頭席に座ってる人を見て観察。
相手を見て 空くのを狙わなきゃね(笑)。

欧米人など、明らかに観光客が座っているなら90%諦めなきゃならない。
また、
香港人らしき家族連れが座ってる場合も、そこに座れる確率はかなり低い。
やっぱりね、子どもは外の景色を楽しんでるから家族連れは動かない場合が多くて。
…まぁ…ねぇ…。
相手が子どもだったら諦めもつくよね。
一途に街を眺め下ろしてる子どもが先頭席に座ってるのって微笑ましいし、
一介の観光客のおじさん(小学生男子やけど)は、その姿を見てるだけで十分満足だから。


b0367632_19211993.jpg

上記2パターンの場合は潔く諦めるけど、
香港人一般客ならば「もしかして先頭席が空いて春秧街を楽しめるかも?」と狙います。
香港人だけでなく、アマさんが座ってる時も狙います。
そうした方々の場合、かなりの確率で先頭席が空いて座れるので。
…というのは…
市場や商店がひしめく春秧街ならではの事情が関係してるような気が。

ここに用事があって乗って来てる人達って、春秧街に入る直前で降りることが多いんです。
春秧街にさしかかった停留所で降りて、買い物したりするんでしょうね。
西から乗ってきて そこで降りて買い物しながら春秧街を東へ歩くような気がする。
ずらっと並ぶ店をあれこれ吟味しながら東へ歩けば、
用事をすませつつ、東の端にある北角の總站へ向かえますもんね。
そして總站から始発トラムに乗れば、確実に座って西へ帰っていけるから。

そんな事情で、僕は買い物客達が春秧街西の入口で降りて先頭席が空くのを待つんです。
うひひ。
2階から眺め下ろすのが大好きな小学生男子、抜け目はありません(笑)。

(…と掲載した後、 “ じつは總站ひとつ手前が本来の終点 ” と知りました。うわ~何年間も司機さん達のご厚意に甘えてた…。)

b0367632_19312944.jpg

b0367632_20114759.jpg

初めて北角行きのトラムに乗った時は、終点の總站ひとつ前で降りるもんだと思ってました。
知らなかった。。。
春秧街の入り口で乗客みんな降りてたから、ここで降りるもんだとばかり思ってて。
香港人もアマさんも、み~んな降りるんだもん。
これ以上乗ってたらあかんのやな…と信じてて。
ガイドブックで上から見下ろした写真を見るたびに、
「取材で許可されるっていいなぁ」と指を咥えてて。

で、
何年もそうした後の とある年、
春秧街を歩いてて2階から顔を出してる香港人を見た時のショックの大きさったら。。。
「なんやーっ!! 乗ってていいんかーっ!! 知らんかったーっ!!」
何年も損した気分で落ち込んだ(笑)。
同時に、
「あぁ、香港の人も ここを乗って通過したい気分の時があるんやろな。」
と思うようにもなった。
場所がら増改築が容易ではないから、昔ながらの息づかいが残る春秧街。
あえて乗り通す香港人にとっても、一介の観光客にとっても、
何か ホッとする魅力的な1本道なんでしょうね。


b0367632_20351114.jpg

そう。
いろんな想いで乗ってる人々と一緒に居られるトラム。
だからやっぱり、
僕は【外が50%・車内が50%のハーフ&ハーフ】で感じられる旧型車両が好き。
新型冷房車両 () が登場して旧型車両が姿を消す前に、
なるべくたくさんハーフ&ハーフを味わっておきたい……と思ってます。

1台だけ残されてる120號トラムに乗れるのも貴重。
だけど、
近いうちに、旧型車両に乗ることが出来るのさえ 貴重になっちゃうのかもしれませんね。





039.gif

[PR]
トラックバックURL : https://hknaicha.exblog.jp/tb/26365321
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gogo-komomo at 2016-11-09 23:25
ほんとは春秧街入り口の駅が北角行きの【終点】なので、規則上は全員降りなきゃいけないそうなのだけど、香港だからその辺は寛容で「ま、いっかー」的な〜〜。ふふふ( ^ω^ )
私も先頭座席はもちろん、旧型車両全体の優しい軋みが大好きです!
Commented by Silentmiaow at 2016-11-10 08:30 x
こえださん、
なにを隠そうワタクシ、ミニバスの終点で降りそびれたことがあります。みんな降りたものの風景が終点?ぽく思えずまごまごしてたら走り出したので「そうよねみんなが降りたのは一つ手前、終点は次かしら」と思っていたら、「終点」で待っていた友達が「あんたなんで乗ってんのよ~~」とバスを追っかけてくるのが見えてあわてて「降ります降ります降りるんだってば」と日本語で叫んでおろしてもらえました。いやミニバスだから乗ってても振出しに戻るくらいでたいしたことはなかったと思うけど。
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-11-10 08:58
♫ こももさん
えぇぇーっ!セブンイレブン前のあそこが終点なんですかーっ?!うはぁ~初めて知りました(ってご著書【香港トラムでぶらり女子旅】を引っ張り出してきました:笑)。じゃぁウチは今まで何年もHK Tramwayさんのご厚意で乗せてもらってたんだぁ。「乗ってていいよね」と降りずにいるのは他にもありますが心配になってきた(笑)。堅尼地城は左カーブ手前で察して降りちゃってるけど、愛すべき「ま、いっかー」のサービスで海が見える場所まで乗せて欲しいなぁ~。…軋みに包まれる心地良さ、同じく大好きです!あのプラ椅子さえ、ゆりかごになってくれますもんね。
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-11-10 09:14
♫ silentmiaowさん
そんなご経験が!マンガのような一場面が浮かびます(笑)。司機さんは車内ミラーをよく見ていなかったのでしょうか?それとも司機仲間の集まる場所まで連れて行ってあげたかったのでしょうか?うんうん、同業者仲間に迎えられて降車したら、忘不了の劉青雲が待っててくれたかも。Deepな茶餐廳へ案内してもらえたかも。…んなこと笑って妄想できても、実際現実では焦りますよね。…【いざとなると日本語がとっさに出る】ありますね。ウチ、香港機場の所持品検査前で荷物すべて床にバラ撒いた時「うそや~ん!どーしてー!待ってー!」と周囲と係官に叫び散らしてました。
Commented by piyo at 2016-11-11 00:19 x
こえださん、こんばんは。
ご連絡ありがとうございました!50人め(きりがいい♪)のお仲間に加わることができて嬉しいです。
ほとんど書き込みをしたことがないのですが、一つ前の記事に勇気づけられました。
これからどうぞよろしくお願いします〜。

最初の香港で上環に泊まってトラムの楽しさに魅了され、2度目は北角近くに、そして次回は西環に宿泊の予定です。これまで乗ったことのない場所でトラムに乗れるのが楽しみです。バスにも乗りたいけれど、ちょっとハードルが高そうで。トラムに魅かれるのは小さい時から路面電車に触れて育ったからなのかな?景色が見られない地下鉄は苦手です、、、。
台北で地上部分を走るMRTに乗っている時には正面かぶりつきで先頭前向きに座るのがいい感じなのですが、香港のトラムはこえださんと同じく、前の景色を見ながら車内も見渡せる旧型車両が断然楽しそうですね。トラムと言えば最初に行った時かな、車内にいくつか映画のポスターが貼られていて、大好きな張國榮が見られたのが忘れられません。
Commented by (*@*) at 2016-11-11 07:09 x
時代は流れゆくものなんだなぁ・・・。
120番、マロが乗る機会を逃したまま
お務めを終えてしまうのかな~。
ちゃみちぃ・・、。゚(゚´Д`゚)゚。

こえだちゃんの故郷の電車もきっと
マロの故郷で活躍しているんだろうな。

長崎は祖国の各地からやってきた電車の宝庫です。
折りがあれば見に行ってみてもらいたいですぅ。
Commented at 2016-11-11 09:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あすか at 2016-11-11 12:54 x
次回の訪港時には春秧街をトラムで通ってみよう♪と思っていましたが、やはり入り口が終点だったのですね(:_;)。小心者の私はこの事実を知ってしまったから乗れなくなっちゃったよぅ(>_<)。それともるるぶでも小脇に抱えて「明らかに日本人観光客で~す、初めてだからなんにもわかんな~い♪」な感じで乗り続けてみようかな。香港で普通に黙っていると香港在住の大陸人に見られる(見かけは大陸人だけど服装と物腰は大陸人ではないのでそう思われるみたい)私なので何もせず乗っていると怒られそうな気がして…。激しく悩み中。
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-11-11 18:09
♫ piyoさん
お待ちしていました!お仲間を50名にして下さって嬉しいです。piyoさんは50人目ではなく、50人の内のお一人です。皆さん誰もが大切なゲストさんだから、順番が無いので。…次回は西環?おぉ~ウチの縄張り(笑)。いいなぁ~羨ましいなぁ~。どのホテルにご宿泊か次第ですが、徳輔道西にも皇后大道西にも【堅尼地城行き】表示のバスがかなり多い本数で走ってます。終点少し前の堅尼地城の街中で適当に降りれば安心ですから、デビューなさってはいかがですか?堅尼地城の小さな町を楽しんで、始発のトラムで西へ戻れば、バストラム両方楽しめちゃいますよ~(笑)。
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-11-11 18:22
♫ (*@*)さん
そう言えば、以前、口座関係か何かのご用事で行かれた際は、トラムは利用なさいましたか?(*@*)さんが訪港された時には、まだ新型車両は少数派だったような気がするけど、次に機会がある時にはきっと新型&冷房完備車だけかもしれません。ほんと時代は流れ「へぇぇ~」と目を丸くする物・事が増え続けますよね。小学生男子、なんとかそのスピードについて行きたいんだけど、歳もあって息切れ多くなりました。何文田など九龍側でもMTR新路線が既に走ってますし、香港島南側のMTR駅もほぼ完成してて開業間近?…長崎そうなんですね?受け止めて下さる素敵な街。
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-11-11 18:37
♫ 11日9:26の鍵コメ ひ さん
うわぁ、もうすぐじゃないですか。あと1ヶ月も無いくらい?カウントダウン状態ですね。北角行きのトラム、そりゃぁもう、知らなかった事情で總站まで乗り通して下さい(笑)。マジックアワーの春秧街って、赤いランプが映え始めるから本当に美しいと思います。加えて、今日の品を全部売り尽くしたいと躍起になる商売人達の声が重なり、最高の時間帯になると思いますよ。な~んて僕なんかがどれほど魅力を書こうとしても適わない実体験。ぜひ遂行を。…春秧街西端の蕃薯苗、東端總站のあの食堂、起点と終点にあるお一人様歓迎の食堂も待ってますよ。
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-11-11 18:54
♫ あすかさん
「イヤイヤイヤイヤ、ソコハ ゼヒ ノリツヅケチャイマショウ ヨ!」 → 大きな声では言えないので、せめて小文字で(小文字ってカタカナしか変換できないの?)。何年来の夢でらっしゃるんだもん、香港の神様、もとい、HK TramWay様は、きっとニッコリ運んでくれると思います。えっと……るるぶを小脇に抱えるよりも、【香港トラムでぶらり女子旅】をこれ見よがしに持ってた方が効果があると思われます(笑)。こももさんをお守りにさせていただいてgogo-asukaです!…国籍を間違えられるのって、ちょっと嬉しいような面倒なような、ですね。ウチは「やったぁ~うひひ」と喜ぶタイプです。
Commented by ya_mei888 at 2016-11-11 19:48
新型車両、この記事を見て乗った事がないんだとわかりました。
2階の先頭で前向きは未経験です。
今度12月にパーティー用のトラムに乗るんですが、
それは新型なのかそれともまったくタイプが違うのか?
例えばオープントップとか…。気になります。
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-11-11 20:35
♫ 一美さん
この前向きシート車両は、最前席に乗ってると、ほんと【展望列車】状態になりますよ。「自分のためだけに運行してくれてありがとうー!」っていう感じ(笑)。幼い頃、バスだと運転手さんの左側の一人席とか、真後ろの席とか、選んで乗ることありませんでしたか?電車だったら先頭車両の窓越しで、列車の運転士さんの操作や指差しを珍しそうに見ながら手繰り寄せられて来る線路を見つめてたとか。そんな経験が自分にはた~っくさんありました。…一美さんが仰るのは、今年春に運用開始された【遊覧電車】(車体にそう書いてあります)かな?各国語の案内音声付きの。
Commented by たま at 2016-11-11 20:46 x
ええええ~、あそこが終点なんですか?まじですか!
こないだは、2階に誰もいなくなったので、1階におりたものの、おばばが乗ったままだったので、一緒に乗り続けました。運転手さんも何も言わないし(笑)
その辺が、本当にステキですね、香港トラム会社(正式名称がわからず)
雨傘のときも、分断されて一番迷惑を受けてたのに、訴訟も起こさず、淡々と折り返してて^^
もう、ぜったいにずっと走り続けてほしいです。

先頭横向きは大好きですが、首に負担がかかりますね。
バカみたいに、東の端から西の端まで乗ろうとするから悪いんだけどーwww
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-11-11 21:11
♫ たまさん
らしいです。いや、こももさんが仰るのですから絶対正しい情報ですもんね。けっこう衝撃的な事実、忘れようと思います(笑)。ココロ広く器の大きな HK Tramways(名称は【香港電車有限公司】だったかな?)に感謝しきり。ますます乗りたくなりますよねぇ。あの格安料金で乗車するのが申し訳なくなる。…そう、あの時たいへんだったのに賠償を訴えなかったんですよね。金鐘近くまで運行して、竿(?)を使って手動で「よっこらしょ」と架線を掛け替える職員さん達。そして来た道を戻って行くトラム。その後ろ姿って、まさにイギリス紳士だと胸打たれましたっけ。
Commented by ころた at 2016-11-13 08:10 x
トップ画面が変わりましたね。
インデックスのようになっていていいですよぉ~。

トラム、そっか、新型って先頭の座席も前向きなのか。
それってなんだがトラムのいい部分を独占って感じがしちゃなぁ。
あの横向きって
たしかに先頭席は2人分だけど
でもあの空間は皆様にって感じだったのになぁ。
さらにあのプラスチックシート
実はお尻の丸み(とくにわたくしはビックサイズなんで)にとってもフィットしていたのに。
記事にも書かれていた疲れないシート。

先頭の席
半開き(にしかならない)の席で
腕をのっけて
香港の風に髪をなびかせて。。。
まだまだ大丈夫だと思うけど、だんだんそんな機会もなくなっていくのか。
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-11-13 20:21
♫ ころたさん
最近リリースされた画面、こちらの方が皆さんにも自分にも(笑)いいかな?と。…横向き席の「皆さんどうぞ」っていう開かれた感、そんな感じがしますよねぇ。なんだか近づきやすかった。それにね、座れずに後席に座ってても、前の景色が分けてもらえてたんですよね。新型車両だと人3人分の肩幅と頭で前方が塞がれちゃうから、後席から前方を覗ける視界が狭くなっちゃうんです。景色が“みんなの物”じゃなくなる(笑)。…もう一つ決定的なのは、足元空間がすごく狭くて疲れます。バスの先頭席って足が組めないですよね?あんな感じ。あぁ~僕、さんざんこきおろしてるなぁ(笑)。
Commented by Jyujai at 2016-11-13 20:58 x
ちょっとごぶさたしている間にこんな素敵な写真が上っているなんて!
私も50/50の旧型が好きです。外の風景だけでなく、乗ってる人の姿も見えますもんね。
11月下旬に始まる写真のグループ展には、以前ブログにもアップした、トラム
車窓の写真を出す予定です。ゆっくりはしるだけ、いろんなことを考える暇のあるトラム
やっぱりいいですね〜〜。
Commented by hongkonggaffe at 2016-11-13 22:22
♫ Jyujaiさん
香港は移り変わるスピードがあまりに早いので、写真をどんどんUPしていかないと追い付けません。(笑)…Jyujaiさんも旧型がお好きなんですね。なんだかすごく納得。うん、車内一つ取り上げても、だんだんフォトジェニックな部分が少なくなってきているような気がしませんか?120号の電球色ランプや籐で編んだイスはおろか、旧型の木枠の窓や天井の梁が金属にとって代わり → 近いうちには冷房車両で窓さえ開けられなくなっちゃう(これは推測)。次々に変化してきて。さらに10年後には、この新型車両さえ懐かしい物になっちゃう?…さ、乗りに行きましょう。
Commented by nicho at 2016-11-14 18:54 x
トラムってどうしてこんなに皆さんの心をとらえて離さないんでしょう?
って私も大大大好き♪な一人なんですけどね♪

そうそう、最前列って結構争奪戦ですよね(笑)私も同じように後ろから空くのを待ち続けちゃいます。
運良く街中から最前列に座れた時新型だとちょっと困ってしまう事があるんですよね、トラムってたまに3~4台並んで走る時ありますよね?線路の上だから追い抜きできないし・・・
そすると、新型最前列、前に走ってるのが旧型で最後尾には小さな子供・・永遠手を振り続けなきゃいけない状況になったりしませんか?親御さんはちょっと申し訳なさそうだったりするから、こちらは満面の笑みで返す・・。これって何処でやめたら良いのかすごく悩むんですよね、こちらも観光客なので車窓をバシャバシャと撮ってたりするので、信号待ちでぐぐぐっと近寄った時はもう、どうやって目をそらそうか本気で悩みます(笑)
koedaさんはこういうう時どうされてますか?

北角、春秧街を最前列は気持ちが良いですよね、最後尾で眺めたりするのも結構好きなんです。
トラムが去った後待ってました!とばかりに人が交差するその風景がなんだかちょっと好きなんですよね・・。

このトラム・・・今年の年末・年始に乗りに行こう!と思います。
そうなんです!初の年末・年始の里帰り!なんです。
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-11-15 09:22
♫ nichoさん
うん、「ハロー&グッバイ」を何度も繰り返すあの状態、やんわり困ることがありますよね。再び近付く予感がして他へ視線を向けてても、かえって目の前が気になったりして(笑)。nichoさん、子どもとのエピソード微笑ましいですよ。僕はおじさんとそうなる事が多いから、気まずくなる体験多し。目ヂカラ強くて遠慮ないおじさん多いしね(笑)。nichoさん、こうなったらいっそのこと【握手を試みる】ってどうでしょう?「届く?届かないねぇ」「今度は届く?届いたねぇ」超接近する窓越しに手を差し出して握手遊び。子どもとなら可能。おじさんだと……出来んなぁ。
Commented by piyo at 2016-11-16 13:34 x
こえださん、あったかい歓迎のお言葉ありがとうございます!!
バスにもチャレンジしてみますね。前回買ったもののまだ未使用の「通用乗車地図」めくってみようかな。
次回は7歳の娘と2人旅です。まだ2ヶ月先なのに2人で旅行の計画立てて楽しんでますー。この時間も至福のとき♡こえださんの過去の投稿を読みつつにやにやしています。
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-11-16 22:36
♫ piyoさん
こちらこそ。前記事の通りで、コメは色んな意味で励みになるし嬉しいんです。これからもどうか気軽にいつでも何度でも。…そっかぁ、お嬢さんとの里帰り、楽しみですね~。仰るようにあれこれ計画する日々は幸せな準備期間。地図で旅しちゃえるんですものね。…上の返コメで一つ間違えました。【始発のトラムで西へ戻れば】は【東へ】の間違い…ごめんなさい。堅尼地城の海辺のベンチ(何記事か前に書きました)でお嬢さんとゆっくり海を眺めてから、上環→中環→→→北角など【東の街】へ始発で行けちゃいますよ。2ヶ月先って、旧正月頃なら街中が特別に華やか!
Commented by kironeco at 2016-11-16 23:18 x
こえださん、こんばんは。またまた、ご無沙汰です。私は120號に乗ったことも見たこともない薄情な香港島派です。次回はじっくりそのあたりを反省しようと思っています。慣れすぎて別のことに夢中になって時間を愛でることを忘れています!やや、反省。外を見るときは埃っぽい一階と三階の間にある天井の低い二階部分に気を取られています。店舗の真上のフロアということです。古いビルによく見かけます。王家衛の映画に出てくるあの部分のような・・・。ところでトラムの終点って気が付かなければOKですが気がついちゃったら乗り過ごせない?ですかね。
Commented by Shangrila at 2016-11-17 15:25 x
え、新しいのは前向きなんですね??オドロキ!
このところセントラルから金鐘に疲れて乗る事が多く二階に行くまでに着いちゃうみたいな感じでうっかりしていました。
二階の席は必ずよこむき、もしくはお行儀悪く後ろ向きになったりして。
あと前に人がいなくなると、夫婦で向かい合って写真撮ったりしてました。が、今やこんな感じかー。。。膝と膝の触れ合いキャンペーンは出来ないんですね。残念。
久しぶりに長いバス旅したいな
公園って電車で行くとこばっかりなんですよね!!!
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-11-18 15:50
♫ kironecoさん
「乗ったことが無い」と言えば、ウチは香港島サイドに限っても、まだ入ったことが無いMTR駅がありますよ(自慢じゃなく:笑)。銅鑼灣は、前回だったか前々回だったかに初めて階段を降りて行って、駅のホームに立ちました。トラムやバスだと利用したことが無い停車駅があったとしても乗ってて目に見えるでしょう?でもMTR出入り口~ホームまでって、入ってみないと見えないので知らぬまま(笑)。タイルの色や駅名の筆文字を見比べてみたいんですけどね。…気が付いちゃったら、やっぱり乗り過ごしにくいですよねぇ。居眠りのフリするしかないのかな(笑)?
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-11-18 16:03
♫ シャングリラさん
そうなんです、前向き。前向きに逞しく生きるすべを知らない僕は、苦手です(笑)。そっかぁ、中環~金鐘ってあっという間ですもんね。ん?新車両は1階席もセパレート型に変わったのかな?つい2階へ上がってしまうので不明、教えて下さい。…あぁ~向かい合って撮り合いっこ、それとっても良いなぁ。旧車両ならではですね~。やってみたいな。向かいに太太が座ってる時にそんな楽しい事なぜしてないんやろ?お向かいのお洒落兄さんが両足スニーカー脱いで、靴ひもをすべて抜いて締め直し、皮のスニーカーをクロスで拭き続けてた時は、ちゃっかり撮ってるくせに、です(笑)。
Commented by ユ・ミヌ(유민우) at 2016-12-03 21:29 x
自分は初めての春秧街で、2階先頭席で写真を撮っていたら、
夢中になり過ぎて降り遅れました^^;
乗客の皆さんも相方も手前で降りたのに、動き出してしまったので焦りましたが、
お蔭で春秧街の写真をたくさん撮ることが出来ました。
やはり旧型の方が、向かいに座った方がどこをみているのか見れるので、
旧型の方が断然いいです!
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-12-04 17:36
♫ ユ・ミヌさん
「夢中になり過ぎて」っていう気持ち、うんうん、なりますよねぇ。シアワセ。でも相方さんと離れ離れになっちゃったのにそのまま乗っていられるって、シアワセの極致です。僕だったらきっと焦り過ぎて運転士に「止めて止めて!」って叫びそう。そのまま撮影続行などする勇気が無いチキン君になると思います(笑)。幸い春秧街はあれだけの短区間だから「あ、しまった。まぁ、終点で降りたら戻ればいいや。」で問題無いのでしょうけれど、その事情が分かっていなければ焦るだろうなぁ。でもそのおかげで撮りためることが出来たユ・ミヌさん。アクシデントって幸いに転ずることがあるかも?ですよね。
Commented at 2016-12-06 15:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-12-06 22:12
♫ 15:58の鍵コメ ひ さん
ひ さん、お帰りなさい!やったぁ~いいなぁ。音&匂い&光景「これぞ【ザ・香港】!!」のエネルギーを満喫してらしたんですね。そっかぁ新型車両だと音声があって分かるんですね。次回それを聞きたくなりました。フェリー経由での散歩も素敵。…復路の機内で募った想いは、香港が ひ さんに贈った滞在中の全てでしょうし、「ぜひまた来てね。待ってるから。」とのメッセージなのかも、ですね。胸一杯に感じ取る ひ さんは、必ずや次回の里帰りを迎えるんだろうなぁ。そうですよね「あぁ~やり残した」が有るからこそ次回が楽しみで、だから日々頑張れて。たとえ何日滞在してても、やり残しってあるんです。「また行けるのが楽しみ」と思えないまま機内で落ち込むばかりの自分は、成長無し(笑)。…あぁお声が嬉しいや。滞在中のお話、もっと聞きたいなぁ。…最後の1行、ありがとうございます。励みになります。
名前
URL
削除用パスワード
by chonnfanndaisuki | 2016-11-09 21:13 | 乗り物 | Trackback | Comments(32)

…暮らすように滞在したい香港…


by chonnfanndaisuki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31