紅綿花 ( 追記……あ、名前違うみたい……。 )

撮影スポットっていうのが有ります。
同時に、
撮影したくなるタイミングっていうのもあるような気がしますしね。
この2つが同時に揃っちゃうと、
撮りたい一瞬がやってくるまでその場を動けなくなったりして(笑)。
待ってる時間がちょっと惜しいような、
いや、やっぱり待っていたくなるような………。



b0367632_10472503.jpeg

b0367632_10480993.jpeg


今までの里帰りでお馴染みになってる場所で【スポット&タイミング】がやって来ることもあれば、
お初の場所でそれに出会うこともあります。

今回も朝活して歩き回ってるけど、夏だから日の出の時刻が早いです。
今だと5:30くらいには完全にお日様が顔を出すかな?
冬時刻と違うから、街の色が変化するのも早い。

例えば科記に座ってて開店時刻の7:00を迎える時、
秋冬だとお店のまん前の白い壁がうす紫になる。
だけど今の夏時間のタイミングだとその壁が白くなって。

その後場所を変えて、今回の【スポット&タイミング】に来ると、
その場所の【色】を撮っておきたくなるんです。



b0367632_11002832.jpeg
b0367632_11011956.jpeg

b0367632_11015387.jpeg

b0367632_11024033.jpeg


b0367632_11044073.jpeg


今だとちょうど街のあちこちに紅い花をつけた木々がいっぱい。
紅色ような、柿色のような、何色って言えばいいのかな?

その花にカメラやスマホを向けて撮ってる人々を大勢見かけるし、
公園の一角でスケッチしてる姿もあります。

この木の名前って何なのでしょう?
紅綿花っていうの?
そんな名前を聞いたことがあるし、
そんなタイトルの曲を聴いたこともあったなあ。

綿がふわふわ舞ってます。
ちょうどタンポポの綿のような感じ。
風に乗ってたくさん舞うタイミングだと、
チラチラ降り始めた雪のように見える一瞬も。

で、その綿の中には、小さな種が隠れてて。


b0367632_11135895.jpeg

b0367632_11143013.jpeg
b0367632_11145892.jpeg


こんな紅綿花が続く道をバスが走っていくと、これまた美しいです。
僕的には、赤と緑を纏った木に、黄色い車体の組み合わせが好きかな。
つまり、バス会社の中でも、シティバスやスクールバス。
走ってくるまでカメラを持ってずっと待ってたりしてる暇人(笑)。



b0367632_11204797.jpeg

b0367632_11212731.jpeg
b0367632_11220228.jpeg


タイミングが合わなくって悔しいことも多いんだけどね。
「あぁ〜もう〜ちっとも来んやん〜」って片手でコーヒー飲んでる時に限って、
待ってたバスがやって来て撮り逃がしたりして。
で、「今度こそ撮るんや!」ってムキになってると、延々待つことになってたりして。
まぁ、狙いすぎると都合よくはいかないもんですよね(笑)。

今日も素敵な色のスポット&タイミングに会えるといいあと思っています。



056.gif



[PR]
トラックバックURL : https://hknaicha.exblog.jp/tb/25871924
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2016-06-03 12:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chibiko-hk at 2016-06-03 17:30
紅綿花、すてき!
こんなところのフラットに住んでみたい~
テラスで公園を眺めながらお茶を飲む!
あらら、でも、周りのフラット、テラスがないように見えますが。。。。
Commented by (。・@・。) at 2016-06-03 20:44 x
かえんじゅ、かな?
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-06-04 00:45
♫ 3日12:31の鍵コメさん
おおっ!そうなのですね?ありがとうございます。やっぱり別々のような気が…。紅い木と綿の花が 一対になってるものだから、思い込んでます(笑)。素敵な名前だなあ。
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-06-04 00:50
♫ chibikoさん
そうなんですよね〜テラスorバルコニーのあるマンションは本当に少なくて。というか、よっぽど古い建物か郊外でないと目にしないような印象。だから皆公園へ来るのかなあ。
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-06-04 00:56
♫ (・@・)さん
ありがとうございます。パン屋や粥麺店のおばちゃん、ホテルのスタッフ、果てはお巡りさん等々、誰に尋ねても苦笑いしつつ首を横に振るだけで(笑)。日本名伝授してきます!
Commented by Pochi at 2016-06-04 07:27 x
撮りたい瞬間。撮りたい場所。
ありますよね。

で狙って撮る。

そんな時ついつい頭で考えて撮ってしまうのが、私のダメなところ。

センスを磨きたいと思う今日この頃です。

後、写真に収めたいと思いファインダー越しでしかものが見えなくなり、肉眼で見て、記憶にとどめることが希薄になりがちなことも最近の反省だったりします。
Commented by ya_mei888 at 2016-06-04 09:05
赤い綿、きれい~♪

6月に見える景色なんですよね?
6月の香港、何度も行ってるのに、なぜまったく知らないのか。
観察力がない自分にがっかりです。涙

わたしもこういう写真が香港で撮影したいです。
Commented by take at 2016-06-05 10:34 x
まだ里帰り中なのでしょうか?? 一瞬、香港にも紅葉があるの?と目を疑ってしまいました(笑)紅葉マニアの自分は、前々から香港が紅葉に包まれたらさぞかし綺麗だろうなぁと思っていたのですが、香港が紅葉に染まることはなくとも、木々がこんなに素敵に色づく季節があるなんて、ぜひ一度目この目で見てみたくなりました。
Commented by nicho at 2016-06-06 04:59 x
「撮影するタイミング」分かります、分かります❗
私も待っちゃいます、気合い入れて待ってると、なかなか来なくて、ふと気を抜いて違う事に目を向けているとやってくるタイミング、もう慌てるもんだから思い描く絵にはならず…
でも撮影出来た時の嬉しさはテンション上がりますよね?なんだか自分だけ「良い景色に出会えた」ような錯覚になります(笑)
それが、例えミニバスを撮影しただけでも(笑)

こんな木知らなかったです。
本当、紅葉みたい🎵
Commented by ころた at 2016-06-06 08:19 x
前の記事のコメント
最後から3行目「半島」→「島」へ訂正で~す!

へぇ、こんな花あるんですね。
ほんと雪のよう、降り始めの積もった雪にも見えます。
この花、きっと見ている
いや絶対見ている…はず
いや、視界には入っているが正しいかな。
花より叉焼、体質のため
風景としてしか捉えていないんだろうな。
木の下にこんなものがあるなんて
今の今まで知りませんでした。

バスの写真のくだり
小学生の男の子が自分が気に入るまで何度も何度も繰り返す姿に
思わずにんまりです!
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-06-07 01:15
♫ POCHIさん
自分も、しょっちゅう反省してます。「アレはカメラを通すより肉眼で見ておくべきじゃなかったか?」って。充電池が切れてデジカメが使えなくなった時しか思えないので、重症なんです…。
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-06-07 01:19
♫ 一美さん
たまたま今日見つけて感じたのですが、この花、結構早めにしぼみ始めるような気がします。なので、一番美しい時ってほんの短期間じゃないかなぁと思いました。
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-06-07 01:23
♫ takeさん
はい、もう少し里帰りを予定しています。なかなか来られないので、来た時はゆっくりしたくて(笑)。takeさんのブログでとっても美しい紅葉写真に見惚れたのを憶えてます。
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-06-07 01:28
♫ nichoさん
ホント、同感です。【自分だけ良い景色に出会えたような】って、そうそう、 そう感じますよね。で、それが【自分が待ってて作れた物】だから、本当に嬉しいし価値があって。
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-06-07 01:32
♫ ころたさん
「きっとこんなのが撮れる&見られる」ってのめり込んでいくから、時間がかかりすぎて。決して意味のない無駄な時間じゃないですよね?…でも太太とは別行動時だけにしてます(笑)。
名前
URL
削除用パスワード
by chonnfanndaisuki | 2016-06-03 11:24 | 風景 | Trackback | Comments(16)

…暮らすように滞在したい香港…


by chonnfanndaisuki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31