仕事自転車Love  ~ クルマ優先社会の香港だけど その③ ~

香港で目にする自転車、
趣味で乗るのではなくて、仕事として運搬“車”で乗られている自転車って、独特ですね。
何が独特かといえば、そのガタイの良さ(①)走行の仕方(②)

ガタイの良さ①」は、日本では ほとんど見られないデザインから 見て取れます。
とにかく【運搬すること】だけのために造られた車体。
重い物を積めるようにと考えられた荷台。
荷台は人が腰掛けるサドルの後ろはもちろん、ハンドルの前にも。

積み荷でよく見かけるのは、
プロパンガス・水が入ったタンク・穀物類の大きな袋・液体の入った缶等でしょうか。
「量はけっこう積めるぜ。重い物だってどんと来い。」
武骨で無口な働きモン。



b0367632_12443931.jpg


b0367632_1245983.jpg


b0367632_11473998.jpg


b0367632_11483512.jpg


b0367632_1255062.jpg


b0367632_12562026.jpg




トラックなどと違って自転車での運搬なんて運べる量は知れてるので、
積める可能性がある部分はすべて使おうということなのか、後輪両サイドにも前輪上にも。
そう、ハンドルよりも前にある前輪って、重い物を積む場所じゃぁないですよね。
そんなことしたら、ハンドル操作もしにくくなるし、バランスも取りにくくなる。
だけど、
香港の仕事自転車&乗ってる仕事人は、そんな軟な(やわな)こと気にかけちゃいません。
「はぁ? 前にも積んだらバランスが? ハンドル操作が? ・・・んな事、なんでもねぇ。」
積める部分にはガンガン積んでます。

もちろん、仕事人の男気だけで可能になるわけじゃない。
造りには それなりの工夫が備えられてます。
★幅広くて頑丈な荷台がある。
★荷を両側に振り分けられるように、荷台に丈夫そうなフックが付いた自転車がある。
★前に積んでも不安定になりにくい(重心を低くする)ように前輪が小さい自転車もある。
よく考えられた造りで。
仕事自転車なんだから、故障も少なく済むように質実剛健でシンプルな造りなのかも?



b0367632_11514731.jpg


b0367632_11521458.jpg




仕事自転車に共通するのは、“黒一色のフレーム” & “同じブランド” です。
色やデザインで装飾したカケラもなく、アルミ製のスマートな軽さもありません。
支持率No1の座に君臨しているのは【フェニックス(鳳凰)】というメーカーのもの。
黒いフレームに渋く光る 味わいあるフォントの文字と鳳凰の姿。
ひょっとしたら、
「自転車だったらコレじゃねぇと!」
っていう、仕事人たちの信頼や誇りさえ代弁してるかのような。

仕事自転車に乗っているのが ほぼ100%男性であることと同じくらい、
仕事自転車として活躍しているのは ほぼ100%フェニックスの自転車だと思います。


フェニックス自転車Love…… 一気に行きます(笑)。


b0367632_1247228.jpg


b0367632_1158311.jpg


b0367632_11584780.jpg


b0367632_11593683.jpg


b0367632_120201.jpg


b0367632_1204221.jpg


b0367632_12522729.jpg


b0367632_1212029.jpg


b0367632_1249391.jpg


b0367632_12502794.jpg


b0367632_1215490.jpg




あー もー ほんと、 どこから眺めても美しい。。。

惚れ込んでるゆえに、書き始めたら止まらない仕事自転車アレコレ。。。
この調子じゃ またダラダラ文章になるから、このくらいにしといたほうがいい。。。

で、
こんな「ガタイの良さ①」があったって、不自由なく道路を走れなきゃ意味がありません。
そこをカバーしてるのが「走行の仕方②」なんでしょうね。
そう、
トラムの軌道を上手に利用してるっていうことです。

前記事でも載せたけど、
線引きがあやふやな日本と違って、「自転車=軽車両=クルマ」の意識が高い香港。
クルマ扱いだから、常に車道を走ってるし 人用の歩道では降りて押してます。
日本のように、歩道や商店街で走って来て遠慮なくベルを鳴らすなんて 皆無。
そういうところって徹底してるんかな?
それだけに、走行する以上はルールをきっちり守って軌道を駆け抜ける仕事自転車たち。


b0367632_1242988.jpg


b0367632_1245742.jpg




そんな軽車両(自転車)でも、車道を走る時にはクルマの中では一番の弱者。
荷を積んだり降ろしたりするのは どうしたって歩道に近い車道で行うから、
走って来るタクシーや路線バスに注意を払いながら発進・停車しないと危険。
上 ( ↑ ) の時がそうだったけど、
歩道脇から乗り始めたとたんに、後ろからタクシーが迫って来て。
香港はタクシーが乗降のために停車できる場所ってかなり限られてて、
停車禁止線さえなければ、すかさず寄って来ますから。

でも、注意深く車道に出てトラムの軌道にさえ入っちゃえば、あとはスイスイ。
軌道はトラムの優先レーンであり、クルマが侵入してくる場面は少ないので、
前後から近付くトラムに気をつけて走ってさえいれば、車道よりもはるかに安全です。
トラムが走って来ない間は、軌道は自転車に開放された専用レーン。

そういうところを分かってるから、トラムも優しいんですよね。
自転車の後ろから近付いて来ても、トラムは滅多なことじゃ鐘(警笛)を鳴らさない。
だから
自転車側もトラムの親切心に応えるべく
接近して来るトラムとの距離感をちゃんと把握してて、
トラムの運転士(司機)さんに鐘を鳴らさせないタイミングで横の軌道へヒラリ。
両側の軌道がトラムのすれ違いで埋まる時は、
タイミングを見計らって どちらかの線路の外へヒラリ。

重い荷物を上手に振り分けて運ぶテクニックに劣らないほど、
軌道走行のマナーもしっかり心得てるっていう感じ。
・・・だから 自転車Love なんです(笑)。



b0367632_1211633.jpg


b0367632_12113063.jpg


b0367632_12124110.jpg


b0367632_1213741.jpg


b0367632_1219409.jpg


b0367632_122005.jpg




ここに載せてる写真って、見ての通り僕がトラムの2階から撮った物だけど、
写真が物語る通りで、
撮る直前は 僕が乗ってるトラムと同一軌道を走ってたりするんですよね。
で、撮った次の瞬間には、横の軌道に身をかわしてる。
眺めてると、“やりとり” みたいなものを感じてほのぼのとさえするんです(笑)。

まるでゲームをしてるかのように上手に走り、
まるでコバンザメに寄り添った小魚のように安心して走ってます。
・・・トラム&仕事自転車のファンとして 贔屓目に見てる部分もあるけど(笑)・・・。



b0367632_1216166.jpg


b0367632_1216254.jpg


b0367632_12172754.jpg


b0367632_12175245.jpg


b0367632_12583265.jpg




『 香港の街なかでは、「自転車に乗ることってダサい」と昔から思われている。』
そんな話を読んだことがあります。
本当にそう思われてたのか 今も言い伝えられてることなのか、真相は分かりませんが。
まぁ、荷を運ぶのにこれ以上アナログな方法は無いのは事実。
でも、自転車とトラムの共存を見ていて、
アナログな方法から醸し出されるほんわかとしたやり取りを感じるのは イイもんです。

ただし、
これってトラムが走ってる香港島だからこそのような気はします。
九龍側の街なかの車道を走ってる仕事自転車は、見かける回数がぐっと減る。
ウチがトラムに乗る回数や香港島で過ごす回数が多いからそう思うんかなぁ?
九龍側には、仕事自転車の逃げ場が少ないような気がするんだけどな。
なんだかさ・・・肩身が狭そうな印象で。



b0367632_1221231.jpg




クルマ優先社会の香港だけど、
クルマの中でも最も弱者の自転車は、
トラムと上手に共存しながら こんなふうにけっこう守られてるんですね。
この光景を眺めていると、
規則で定められた道路標識や路面標示からだけでは読み取れないやり取りがあるような。
法による記号じゃないところで交わされる あうんの呼吸みたいな。

こういうのって、
こんなふうに文字にしたり言葉にしたりするのがはばかられるほど さり気ないもの。
それだけに、
殺伐としててグチャグチャな幹線道路に居ながら、
見かけた時には ちょっとした清涼剤を分けてもらったような気になるんです。






006.gif
[PR]
トラックバックURL : https://hknaicha.exblog.jp/tb/25800083
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sayachan28 at 2016-05-15 14:35
あ~~~♪

まさに、このような状態でした!!!
今すぐにでも。戻りたい~~~~~~~♪(^^)
Commented by ya_mei888 at 2016-05-15 17:31
昔の香港映画の影響で、
香港で自転車でお仕事してる人を見ると、
「おー。大陸からの新移民かな?」って思います。
大陸の田舎では、まだまだ自転車が交通手段って人が多いから、
香港に出稼ぎに来ても運転免許などなくて、まず自転車でお仕事させられてる
みたいな勝手なイメージです。笑
更に、香港人のお友達で自転車に乗れる人が本当に少ない(ほぼいない)ので、
その影響もあるかも知れません。笑
Commented by dandelion at 2016-05-16 11:07 x
こえださん、こんにちは♪私の住む街にはトラムが走っています。でも、自転車が軌道を走るのはありえません!絶対に運ちゃんにパッパパパパパパー!!のけのけー!と怒られちゃうでしょう...。車ですら、ちょっと邪魔しようものなら容赦なくパパパパー!!ですから。交通ルールや優先順位が違うのでしょうね。香港の自転車見てると、軌道にタイヤをとられてバタッ、とならないか心配になっちゃいます。(^_^;)
Commented by nicho at 2016-05-17 08:51 x
あ~この「仕事自転車」分かります❗
撮った覚えがあまりないのに(無意識ですね)、毎回必ず1代は撮影されています(笑)
1度で良いからこの自転車貸してけれないかなぁ?っていつも思うんですよね…
新界エリアに近い場所で乗ったレンタサイクルは残念ながら仕事自転車じゃなかったんですよね(あたりまえか:笑)
そうそう、香港でみかける「あうん」の呼吸、アレを感じられた瞬間、「おっ❗今日はラッキー🎵」って思ってしまうのは私だけでしょうか?
Commented by tomo at 2016-05-17 22:41 x
こえださんの仕事自転車への深い愛が伝わってきます(笑)無骨な姿と働く男性との組み合わせ、そしてトラム、いいですね!なんか見ていて和みました~。
Commented by Jyujai at 2016-05-20 00:04 x
この自転車見ると、昔生家の近所のお米屋さんや酒屋さんが乗ってた自転車を思い出します。
そう、日本だってそういう時代があったんですよ〜。仕事自転車、活躍してました。
子供だった私には、重くて足がつかない大人の自転車。かっこいいなあ。
Commented by ころた at 2016-05-22 07:53 x
仕事してますよね、香港の自転車
トラムのレールの上をつーいつーいと
走っている姿にはカメラを向けたりしますが、
しかし、まぁ、よくもこんなに自転車の写真を。
実にすばらしいです!!
そっか、ブランドは鳳凰なのね。
まさにぴったりのネーミング。

そして、たしかにそうですね。
半島ではあまり見かけないような気がしますね。
これ、トラムと深い関係があるのでしょうか?

かつて、そのトラムのところで
自転車が転倒
しかも積んでいた猪血がレールの上で散乱…ていう場面に遭遇したことあります。
あ、こけちゃうこともあるんだ、と変に感心しちゃいました。
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-05-22 08:22
♫ sayachanさん
>sa「今すぐにでも戻りたい~~!」 → ko「今すぐにでも行きたい~~!」(笑)。見ていたい物を思い出すとたまらなくなっちゃう。今回は別の滞在場所でらしても、たびたびご滞在経験のある西環地区だと仕事自転車に遭遇する確率もぐんと上がるような気がしませんか?海味街に漂う匂い&トラムと自転車の姿、ビクトリア湾に天星小輪があるのと同じほど自然な光景ですよね。
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-05-22 08:22
♫ 一美さん
一美さんが持ってらっしゃる大陸人と自転車との関係は、僕も同じように感じてきました。もっともそれは親しい友人や知り合いから聞いたものではなくて、甜蜜蜜(LoveSong)からの印象&影響が強くて(笑)。そうそう、自転車は新界のさらに奥地とか、離島だと普通に乗りこなしてます。交通手段が豊富に揃う都市部や町だと、必要の無い物にはまったく縁が無いということでしょうねぇ。
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-05-22 08:29
♫ dandelionさん
そうだ!そちらにはちゃんと現役で活躍してる路面電車が。その印象は、じつはウチの地域も30年ほど前まで走ってたので親近感があって憶えてたんです。日本だとあとはどこに残ってるのかな?って調べた事があったので(相変わらずの暇人笑)。レールで滑らないかって気になりますよね。あの荷物で雨天時でも難なく走行って、そこはやっぱりプロのなせる技なのかなぁ(笑)。再敬礼です。
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-05-22 08:38
♫ nichoさん
nichoさんもつい撮影?やっぱり同じだぁ(笑)。でも、仕事自転車のレンタルっていうのは、僕は思いつきませんでした。さすがです(笑)。新界でサイクリング経験が?これもさすがだぁ。YouTubeでね、欧米人がロードサイクルで香港島を走りつつ自撮りしてるのがあるんですが、普通のルールで車道の端をずっと走ってるからバスやタクシーに何度も挟まれてて危ないこと危ないこと。。。
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-05-22 08:43
♫ tomoさん
ずっと以前ですけれど、前ブログでトラムの体験記事を書いた時に、tomoさんからコメントを頂いたことがあります。「うわぁ、それ知らなかった!」って印象深くて、それ以来夜のトラムで気になるようになりました(笑)。でも、トラムだけじゃなくて仕事人+自転車にも惹かれてらっしゃるんですね?同じだぁ(笑)。出来れば仕事人が半裸だとトキメキます。あ?これ、危ない?(笑)
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-05-22 08:46
♫ Jyujaiさん
「重くて足が付かない大人の自転車」あぁ、その表現ってピッタリですねぇ。自転車の姿かたちの事実と共に、大人の真似は出来ないっていうその部分での憧れみたいなものもあって。そうだ、あったあった。ウチの近所だと豆腐屋さんがパ~フ~ってラッパを鳴らしながらこの自転車でリヤカーを引いて売りに歩いてたなぁ。日本でも実はあったのですね?身近な体験を忘れてて、あかんあかん。
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-05-22 08:50
♫ ころたさん
>「よくもまぁこんなに」 → いや、じつは、ほんの一部分しか載せられなかったので、かなり膨大なストックが。(笑)御大120號と同じくらいの枚数が。中でも半裸のおじちゃんのは貴重です。お気に入り度が強い → おじさんが半裸おじさんに惚れ込んで見つめてるってどうよ?ですけどね(笑)。自転車の転倒なんて貴重な場面ですね。あるんだ。鉄人だと思いこんでるのでちょっと親近感が(笑)。
Commented by ya_mei888 at 2016-05-22 09:57
わたしが書いた香港映画も「甜蜜蜜」です。
でもまさかこえだ様が見た事があるとは思わず、
香港映画と書いてしまいました。笑
Commented by take at 2016-05-22 13:43 x
ホント!スマートでカッコイイ!スマートな自転車とスマートな香港男性がスマートな香港の街を駆け抜けてゆく光景は、本当に恰好いいなぁと思います。実は自分、梅雨までの間限定でマウンテンバイク通勤を始めました。車道を走る恐ろしさと、車視線から見る自転車が車道を走る恐ろしさ、両方の気持ちがよく分かります。日本では法律も変わり賛否両論ありますが、香港のこの風景はいつまでも残っていて欲しいなぁと思います。
Commented by 爽子 at 2016-05-22 21:42 x
先日驚く程の外賣盒を自転車にぶら下げてるおじいちゃんを横断歩道で見かけて..ちょっと心配になり目で追ってしまいました。
こういう仕事は学歴のない年配者のモノで、そのうち全く見かけなくなるのかもしれないけど、超人じみてると言うか、スゴイ。
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-05-25 18:17
♫ 一美さん
そうだったのですね?(笑)僕は香港映画に(にも、かな)とても疎いので、映画を観た体験自体がとても少ないのですが、あの作品は印象的でした。香港の街を二人乗りでゆるゆる走る部分も、最後のニューヨークの街で一人でひらひら走り行く自転車の姿も、ドキドキしながら観た覚えがあります。マックのレジカウンターでやり取りするシーンも印象的だったから、香港でマックに入ると思い出します。
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-05-25 18:25
♫ takeさん
そうですね、香港ではこの先しばらくの間は自転車仕事人さん達に街を駆け抜けていて欲しいです。姿は消えて行くでしょうから。・・・ロードバイクでの通勤、うわぁ良いですねぇ。確かに雨天時は大変だけれど朝一から身体に風を受けて爽やかに出勤できるんですね。仰るように目線が変わりますよね。僕もバイクで通勤した時期があるので、身体むき出しで車線に居るのは緊張感がありました。
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-05-25 18:34
♫ 爽子さん
あと何年くらいああいう仕事の姿は目にすることが出来るのかなぁ?仰るような年齢や経歴の方達が中心だから、近いうちに、すべてクルマに取って代わるのでしょうね。・・・いつも通る西營盤の茶餐廳前に配達用自転車が置いてあるんですが、やっぱり年輩の店員さんしか使って無い感じです。通りかかったり入店したりするたびに、自転車が「まだじいちゃん服務員が元気で居る」の目安です。
Commented by statusgraphite at 2016-05-28 18:31
近年の日本における自転車のマナーどうこう(道交法にも書かれちゃって久しいですね)を見るに、清々しい写真と光景のオンパレードであります。
地味に働くっていいわよね!
Commented by chonnfanndaisuki at 2016-07-08 02:13
♫ statusgraphiteさん
statusgraphiteさんごめんなさい!!ここにコメントいただいていたのに、気づかずのままでした。本当に失礼しました。1か月以上経ってしまった今頃返コメを書いてるっていう罪。あぁぁ……。これに気付いて見て下さったらいいんだけど、ご無理かなぁ。地味に働く、そう、黙々と仕事を進めてらっしゃいますよね。日本で軽車両としての交通法が実施されてから、ウチの近所の学校に通う高校生たちは、見事にルールを守るようになりました。「おぉぉ!みんなこんなに守っちゃえるんだ!」って見てたんだけど、何日か後に、高校生たちの通学路に毎朝お巡りさんとパトカーがいることを知りました(笑)。温和な表情で一人一人に「おはようございますっ!」と声をかけるお巡りさん。そりゃぁ守るわな、と納得。…雨の日も誰一人傘を差さなくなり、みんな雨合羽を着て風を受けて膨らませながら走ってます。タイヘンだなぁ。
名前
URL
削除用パスワード
by chonnfanndaisuki | 2016-05-15 13:48 | 乗り物 | Trackback | Comments(22)

…暮らすように滞在したい香港…


by chonnfanndaisuki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31